読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

専科&星組『南太平洋』

風ちゃんと真風さん(W風だ)をはっきり認識したのがこの公演だったような……。

真風さんは初演ロミジュリの「死」さんとして有名だったけど、なんというか、普通の人間(←)を演じている役者さんとしてきちんと観たのが、この時が初めてだったのかな。

 

私が最初に「この人好き!」って特定個人として好きになったタカラジェンヌは、轟悠さんなのです。

『南太平洋』も彼女目当てに観に行った訳で、それはそれは素晴らしい轟レジェンド悠だったのだけれど、同時にキラキラした星組っ子たちを多く知ることもできて、かなり得した気分であった。

 

みきちぐの可愛さと眉間の皺に見とれ、おじさんだと思っていたじゅんこさんのおばちゃん芸にうなり、あれが噂のれんてんか~とうなずき、海外の着せ替え人形のようなあーちゃんのルックスに見入った。

そんな中でも、抜きん出て「これは……!」となったのが、風ちゃんと真風氏であった。

 

この作品はナンバーが多く、歌って踊れて演じられる風ちゃんの才覚が遺憾なく発揮されていた。

パーティーでのブルーのドレス姿は、ディズニーヒロインのごときチャーミングさだった。

ダボダボ水兵さんも他の衣装も、可愛くてお似合いだったけれど、あのドレス姿に射抜かれた。

 

真風氏も白人軍人、とても似合っていた……。

長身・面長でタレ目の彼女のルックスは、白人男性を演じるのにとても向いているのだ。

あーちゃん演じる島の娘と一夜を過ごした後、歓びを反芻しながら気怠げに歩いてくるときの色気は、当時既に半端無かった。

 

しかし何と言っても、光り輝く星組子たちの光を引き出しつつ、自らが最もまばゆかった轟悠、である。

生で観るたび圧倒されるし、好きになる。

深みのある美しさは、覗きこみたくて、気づくと引き込まれている。

 

作品全体も、南の国の穏やかでゆったりした風を感じる、素敵な演出でした。

きな臭いイベントは発生するけど、ハッピーエンドだしね。

人種差別云々については、事前に耳に入れていたけど、あまりその知識が無くても感情移入できるようになってた気がする。