読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組2009年『ベルサイユのばら アンドレ編』

なるほどー、プロヴァンス地方のフランス語は日本でいう九州弁なんだねッ★

って納得すると思うかこの植爺がァーーーーーーーーー!!!!!

 

方言も、その地方を舞台にした日本物なら良いですよ?

むしろ滋味ですよ?

『星逢一夜』とか九州出身トップコンビが九州地方の物語を演じてて最高のやつでしたよ??

だけどコスチューム物、よりにもよってキラキラ☆フワフワ♡のベルばらで出しちゃダメでしょーーー!!!!

 

これで話が良けりゃまだ目をつぶれたかもしれないけれど、話も話でひどいものなんですもん……。

とりあえずトップコンビが出会わなさすぎな。

植爺が男役×女装した男役の組み合わせにしか萌えない病気なのは知ってるし、ベルばらがアンドレとオスカルの物語なのは承知の上だけど、いくらなんでもトップコンビが言葉を交わす場面が、幼少期くらいしかないなんてひどすぎる……。

というか、アンドレとオスカルの物語なんだから、わざわざ他の女持ってくる必要ないでしょうに……。

こうやって書いてみると、植爺ベルばらの良くないところを全部集めたようなベルばらだな……。

 

しかしキャスティングは見事なんだよなぁ……。

まとぶんアンドレえりたんアラン、奇跡のみわっちオスカル、まっつベルナール!

 

みわっちは女役を演じてもびっくりしっくりの美女だし、本業の男役のときは熱く男臭い男役だし、宝塚の男役として、究極の姿の一つなんじゃないかと思う。

そのみわっちのオスカルですよアァーーーー!!!

めっかわ美女オスカルです!!! おめめくりっくり! 髪の毛ふわっふわ!

しかもまとぶんアンドレに膝枕してもらうシーンがありますからね……。

そのときの脚の「おんなのこ」っぷりの見事なこと!

オスカル主演のベルばらではありませんが、みわっちのオスカル、私の好きなオスカルのTOP5には確実に入ります。

なにげにそらくんもそこに入ってますw

 

あと未涼亜希さんのベルナールね……。

「愛する者のために」名歌唱、これは確実に歴代のTOP3に入る。

タカニューのベルばら歴代名場面特集みたいなコーナーで、歴代ベルナールダイジェスト映像があったんですが、「愛する者のために」が入ってたの、とうこさんとまっつだけだったのはいまだに憶えています。

 

くそぅ、こうやって各キャストとか「部分」については熱弁できちゃうんだよな、ベルばらって。

もう、それこそ歌舞伎みたいに、「名場面ダイジェスト」として上演したいんならそうすれば良いんじゃないかな!

んで植爺の引退後、谷先生とか生田先生とかで、ちゃんとストーリーがあるベルばらを創りなおしてほしいです! ムリかな!!