読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『相棒』

宝塚って「相棒」もやっちゃうんだよー!!

って大声で宣伝したいくらいだけど、宝塚ってというより、まとぶんだからできた作品だよなーとも思う。

本当にイケ美中年を演じさせたら右に出る人はいないのではなかろうか……。

んでまた右京さんの雰囲気が、まとぶんのひょうきんさとマッチしてるんだよね~。

 

原作の性質上、どうしてもトップコンビがコンビじゃなかったり(「いちばん目立つ女性キャスト」であった)、娘役さんのお役が少なかったりと、不完全燃焼感は否めないけど……。

ストーリーももうちょっとサスペンスとして面白けりゃーなー、いろんな人に勧められるんだけど……。

ってかあやねちゃんが金髪の外国人歌手である必要性は果たしてあったのだろうか……?

全員ふつうに日本人にした方が、話も作りやすかったろうし、違和感なく作品に入り込めて、集中できたと思うんだけど……。

 

しかしキャストは素晴らしかった。

まっつみつるが花組に揃ってて、しかも2人ともメガネとか、五体投地でしかない……。

えりたんがとても好きで、及川光博氏もとても好きなので、ミッチーが演じた役をえりたんに当ててくださってありがとうございます……!! って、立ち位置よくわかんない感謝の念も抱いているよ。

 

パパイヤ鈴木氏振付のOPダンスも大好き。

初めにこの作品に興味を持ったのも、あのダンスがきっかけだった。

外部有名人スタッフとのコラボ的な起用は、やっぱり刺激的で面白いですね。

広告を非表示にする