読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『ル・ポアゾン 愛の媚薬』初演

ロマンチック・レビュー新作おめでとうございますということで。

 

ル・ポアゾンってちえさん&らんじゅさんの星・花での再演のイメージのが私には強かったんですが、初演月だったんですね。

んで、剣幸さんだったんですね。

 

恥ずかしながら剣幸さん主演作品初めて観たのですが、風貌もお歌も踊りも安定感あって、安心して観られるトップさんですね……。

リアルタイムで観てたら好きになってたタイプのトップさんだわ。

 

そして涼風真世氏が二番手というのも私にとっては新鮮。

涼風真世氏、お顔立ちは可愛いですけど、きっちり髪の毛なでつけるとやっぱり男役ですね、噛みつくようなクサさと色気がある……。

 

『ナルシス・ノアール』初演も、当時二番手のシメ様が空気を作っていたような印象を受けたのですが、同じように『ル・ポアゾン』も涼風真世氏こそが「愛の媚薬」なのかな、と感じました。

そしてそれに酔う剣幸さん&こだま愛さん、というイメージ。

 

この頃のロマンチック・レビューシリーズはやっぱり良いですね~!

コテコテで、徹底してロマンチックでちょっとクサくて、まさに世間一般でイメージされる「宝塚」! という感じ。

 

突拍子もないお衣装が無くても、ハイテンポのダンスナンバーが無くても、作品は美しく、緩急をつけて成立する、という証左のような。

いや、けど三日月の下でのダンスパーティーのシーンの王子様衣装と、We Will Rock Youはびっくりしたなw

あと剣氏がスーツ着て男役勢がネクタイ&サスペンダーでぞろっと出てきたクラブ(?)のシーンの振付も、いま見ると面白いけど、当時はコンタカのテキーラみたいな殺傷力があったんだろうな……。

 

男役群舞は白燕尾。

これはサヨナラ公演だったからでしょうか。

えりあゆの『ナルシス・ノアールII』でも白燕尾使ってたし、お好きなのかな? と思った。

 

なんだかこのままみちふうでできちゃいそうだなぁ、とも思いました。

『ロマンス!!』はこんな感じになるのかな? という予感。

剣幸氏とこだま愛氏がみちふうに似て見える瞬間が何回かあったんです。

みちふうが古き良き宝塚の匂いをさせるコンビだからかな……。