ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『BOXMAN』

久しぶりに見たけど、やっぱり超楽しい、すごく幸せ。

金庫とか過去のある男とかスパイとか、いろいろ要素詰め込まれまくりだけど、これもディスコミュニケーション/コミュニケーション の物語なんだよなぁ。

怒鳴ってる/怒鳴ってないのやりとりで男と女のすれ違いを描いたかと思えば、母娘(いわゆる毒母?)の諍い、創業者たちの方向性のズレも描く。
どれもリアリティがあって、「コミュニケーションが上手くいっていない様」を、これほど的確に面白く、愛をもって描いた宝塚作品って、どのくらいあるだろうか。

生で観たいけどタカハナと美郷さんとすっしいさんとマヤさんとまさこさんがいてこその作品だし、再演モノより新作が観たいのでこれからも新作よろしくお願いしますという気持ちを新たにした。

広告を非表示にする