ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

渚あきMS『Sincerely』

なんとなくDS形式の公演がマイブームになりつつあり、立て続けに。

娘役さんメインだとやっぱり雰囲気違いますね!
清らかで優しい。
ってかこれ、大介先生演出だったんですね……。
全然わかんなかったよ……。
まだ色が出てない時代ってのもあるかもしれないけど……。
!!付いてないし……。(そこ)

退団公演の合間に行われたMSだったんですね。
まばゆいような清々しさは、そのせいもあるのでしょう。
出演者も皆さん退団同期の方とのことで、きらきらしていました。
タカラジェンヌって基本的にいつもきらきらしている人たちですが、退団を発表してからの輝きって、格別ですよね……。
水晶みたいに輝きますよね……。

実力派で鳴らした娘役さんだけあって、聴き応えも充分。
他の出演者も歌ウマ揃いで耳福。

あきさんってすごいですね。
上級生娘役で、大人の女性の魅力たっぷりなのに、娘役らしい可愛さ・可憐さ、少女的な魅力を兼ね備えてらっしゃる。

あと、タータンが隣にいなくても
「あっ、この人タータンと並んだらすごくお似合いだろうなぁ」
って思わせるものがある。
元々何度も組んでいたお二人だけど、トップコンビになったことによって
「だんだんコンビになっていく」
って過程を経て、一緒にいなくても切り離せないような二人になったんだろうなぁ。

タータンからの「留守電」メッセージには思わず目が潤んでしまった。
「付き合ってくれてありがとー♡」
ってメッセージには、
「あ、付き合ってたんだ! そっか! そうだよね! 知ってた!」
って動揺しちゃったけど!

やっぱり新公メドレーはするもんなんだな。
『かわらぬ思い』が聴けたのは嬉しい驚きでした。

広告を非表示にする