読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ロック・オン!』水ver.

音月全ツ版は見たことがあるんだけど、あれ、こんなに難易度高いショーだったか……(⌒▽⌒)

ロックなのOPとパレードだけだしね……。
ほぼジャズじゃない?(⌒▽⌒)
ケイミミの壊れたピアノのシーンとか、すごく深遠すぎて特に難易度高い……ケイミミ可愛いけど……。

たぶんミズ様のエネルギッシュさとキャラクターのインパクトを活かそうとした結果なんだろうな……。
お芝居の方もそういうアプローチだったよね。
観る側もすごくエネルギーを要する2本立てだったんじゃないかな……。
いや、私ナマで観てないからわかりませんけどね……。

けど涼花リサ様と花帆杏奈様が男役を手玉に取るシーンとか、三木先生ってほんと娘役好きだし娘役活かしてくれるよなぁ〜、と、そこは感動。
あとあゆっちがめっかわ。
OPもパレードもめっかわ。

あと(なぜか唐突に現れる)音楽:恒様、歌唱:美穂様のシーンがすごい。
あそこ特にショーの文脈がよくわかんなくなるけど、それだけのインパクトがある。
美穂様のお歌には恒様の楽曲がよく似合う……。

そしてパレード見ると、結局
「あぁ、ショーって幸せだなぁ……」
ってなるから本当にちょろい。
パレードの力ってすごいね。
宝塚ならではだし、パレードって宝塚を凝縮した時間なのかもしれない。