読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『アリスの恋人』

ちゃぴMPおめでとうございますということで。

テーマ曲がおしゃれで可愛くて前向きで、この作品を端的に表してる。

娘役に転向して間もない当時のちゃぴの一生懸命さは、アリスのキャラクターと重なる。
これ見ると「ちゃぴ、上手くなったんだな〜」って思うけど、これもまた、当時のちゃぴだからこそハマった部分が大きいように思う。

みりたんも、こういう素直じゃない美少年イケメンがすごーーく合ってた。
今までみりたんが演じた役の中で、みりたんの外見に一番ハマってるような気がするな……。
今のみりたんにはまた違ったものが似合うのかもしれないけれど。

脇役もゆりちゃんまんちゃんちなつみゆと、思い返すと豪華なんだよな……。
今まさに月組の屋台骨になってる面々の、ブレーク前夜のはちきれそうな元気さを感じる。

そして、グッと締めていたマギーこころゆめちゃん!
実力派で強烈な個性のこの面々がいたからこそ、ファンタジックな作品に厚みが生まれて、この作品をフワフワキラキラ可愛いだけじゃない、メッセージ性のあるものに仕立てていたと思う。
ダークゴスマギさま、映像のナイトメア様でしか見られないと思っていたのだけど、フリューゲル様としてまたお目に掛かれるとは……。サイトー先生ありがとう……。

夢が現実になるラストシーンはやっぱり胸が暖かくなるし、夢だけど現実だった! っていうのは宝塚そのものにもつながっていて、心憎い。
そういえば小柳先生の作品は、結末が心憎いものが多いな。