読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『戦国BASARA』

ば〜さら〜ばっさら〜あぁあ〜♪ ってこの主題歌だけでかなり「勝つる」だった公演だと思っている。

いかんせん鈴木圭先生なので、脚本は青年の成長ワンパタかつ展開が素っ頓狂で今ひとつなんだけど、キャストがとてーーも良かった。

蘭寿さんの熱い熱い熱演が熱い熱い幸村にマッチしていたし、蘭ちゃんの可憐さがゆきむらんじゅさんと好対照で、
「あっ、こういう男の子、こういう女の子好きそう」
って納得の組み合わせだった。
みりたんの妖しい翳は、謎めいて冷たさを感じさせる謙信さまにぴったりで、みりたんの花組デビューがこの作品・この役で本当に良かった。
だいもんの空中片足あぐらは開いた口がふさがらないハイクオリティ。
べーちゃんのかすがはゲームよりえろかったね……///

なんといってもみーちゃんの政宗……!
すごく良かった……! 出番がめっちゃ少なかったのが悔やまれるけど、原作ゲームCGそっくりだったし色気が余すこと無く漏れまくってた……!
原作ゲームだとメインキャラクターらしいですね。
蘭寿さん主演だから、蘭寿さんの持ち味に合わせて幸村主人公にしたのだろうけど、みー政宗主演の「Ⅱ」も見たかったね……。

けど確かにオーシャンズのバシャー、BASARAの政宗って続いたら、私も退団検討するわ……。
どっちもすごく美味しい役だし、みーちゃんに合ってたし、演出の先生たちのみーちゃんへの思い入れも感じたし、みーちゃんも役をより良い役に高められていたし……。

みー政宗の話ばかりになってしまったけど、みんなすごかったよー。
外部コンテンツの宝塚化ではあったけど、タカラジェンヌの本気の二次元再現力を見せつけた好作だったと思っています。
何より花組ファンの皆が喜んでいたので良かった。

広告を非表示にする