読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『フォーエバー・ガーシュイン』

野口先生A-EN千秋楽おめでとうございました、ということでデビュー作。

色とりどりのミュージカルナンバーがあふれる、ハッピーな宝石箱みたいな舞台。
けど「ガーシュインじゃなくてガーシュインの音楽が主役みたいだった」という批評がある通り、ストーリーとしてはうーん、今ひとつ……?
ミュージカルというより、ショーを観たような印象が強かった、確かに。

ガーシュイン、ケイ、どちらにも人間的魅力を感じにくかったのだよな。
2人ともハートのある、素敵な演技だったのだけど……。
2人がそれぞれの行動に至る思考の過程が見えないから、感情移入がしづらかったのかもしれない。
伝記ものとしてはあまり印象に残らなかった。
あきらの渋さは凄かった。

初主演バウで『月雲の皇子』を引き当てたりょうくんが「引きが強い」と言われているのを考えると、そういった点ではキキちゃん・ユキちゃんは引きが弱かったのかもしれない。
キキちゃんは立派な二番手になられたけれど、あの作品でケイがもっと魅力的に描かれていれば、ユキちゃんはもっと抜擢されたり活躍できたりしていたのではないか、と思ってしまうのが正直なところ。
まぁ、そういういろいろな「運」も含めて、スターはスターたるのだとも思うけれど……。

あとキキちゃんって、意外にもこれっきり主演してないのね。
今度はキキちゃんの魅力が輝く作品が「当たる」と良いな。

ショー作家としての野口先生には期待をしています!