読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『シトラスの風II』

なんたって、劇場を出てくる人たちの表情が、みんな幸せそうな笑顔だったのが印象的。
ふだん観劇後はフラストレーションか萌えつらで具合が悪くなってる友人も、これの後だけは嬉しそうに飛び跳ねていた。

むべなるかな。
一本ものが多かったかなめさん政権下の宙組で久しぶりのショー、しかも伝説の名ショーの再演。
ロマンチック・レビューって、マイナーコードの曲にダークトーンのお衣装ってイメージだけど(それもそれで好き)、シトラスだけはメジャーコード&ビビッドカラーの作品だよね。
ロマンチック・レビューはあまり好きじゃないけど、シトラスだけは好きって方もおられた。

テーマ曲も前向きな曲調だし、天下の「明日へのエナジー」も言うまでもない素晴らしさ。
1つのショーに伝説的な名曲が2曲もあるってすごいことでは?

オープニングから、
「キタキタキター!!!」
みたいな客席の高揚があった。
かなめさんも楽しそう、幸せそうだったなぁ。
花占いのシーンが差し替えになっちゃったのは残念だったけど、代わりにてるみりの名シーンも生まれたしねぇ。

明日エナは泣いた気がする……。
もう、宙組のコーラス力が半端なくて圧倒された。
美風舞良氏のシャウトが鳥肌立つほど格好良くてねぇ……。思わずお手紙を書いてしまったわ。

てるちーかいって並びもファン泣かせだったよね!
ちーちゃん、あのときには退団を決めていたとは……。
いつから考えてたんだろう。
真っ白な二番手羽根、きれいだったな……。