読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ソロモンの指輪』

いきなりマヤさんが小芝居始めるから、いっしゅん正塚作品かと思った というのは冗談ですが、マリポサと2本立てだったんですね。
しかし冗談抜きで、ここまで芝居仕立てで始まるショーって珍しいのでは。
全体の構成も、いわゆる宝塚のショーのフォーマットに囚われてなくて、次は何が来るんだろう!? ってワクワクできる、まさに宝石箱のようなショーでした。

オギーショーは番手に囚われない適材適所と言われるけれど、水さんがキメキメで踊ってばかりで、となみも麗しくユラユラしてて、ゆみこさんが歌いまくっていて、なるほどと実感。

テルキタは本当にシンメ、ニコイチだったんですね。
かなめさんの作り物みたいな冷たい美貌と、づっくんの醸しだす暖かな包容力が良い対比なんだな。
私は特にテルキタ属性があるわけではないんだけれど、今回なるほどこれがテルキタか、と学びを得た気持ち。

あと桂さんがダークファンタジーなのが良かった。
彼女はダークファンタジーが一番似合う。
タランテラのときも思ったけど、オギーは桂さんに幻想ダーク耽美ショーを描いてから去るべきだった……。
これがオギーの宝塚サヨナラ公演だったんだね……。

宝塚最後の公演なだけあって、集大成にふさわしい美しさ。
全場面美しい。
娘役さんが真っ青なお衣装で水を表現してるみたいなシーンが特に好きかなー……。
オギーショー、娘役さんの使い方も上手いよね。
場面のメインになるわけではないんだけど、宝塚の娘役にしか出せない幻想性を巧みに活かして、場面全体の雰囲気を創りあげる。
最後の皆が白いお衣装の場面、ゆみこさんとヒメきんぐメインのコーラスの麗しさ。
まさに音楽が湧き出すようで、舞台だけでなく音が光り輝いているようで、思わず泣きそうになった。

もう今こういうショー描ける人いないよね……。
オギー……。