ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『伯爵令嬢』

ちぎみゆの引きの強さがまずすごい。
少女漫画原作、ラブストーリー、ハッピーエンド、演出:生田大和。

_人人人人人人_
> 生田大和 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

プレお披露目で新作当て書きって、近年だとそんなに無くないですか?
二次元ビジュアルの2人に打ってつけの演目。
内容・演出も、ザ・宝塚。
ちぎみゆの可愛さが遺憾無く発揮されてた。

そしてちぎみゆぴったりの題材を、恐らく温めていた、生田先生。
ちぎみゆの就任もめでたかったが、ちぎみゆプレお披露目作品の演出が回ってきた生田先生もかなりのラッキーボーイだと思う。

さらに、作品世界が生田先生の演出に合っていた。
現代的な作風のイメージもあるけれど、ベルばらとか風共の演出助手をやっていて、いわゆる「宝塚的な」手法も使えるんですよね。
現在ご活躍のいわゆる若手演出家の中で、久美子先生が新しいタイプの宝塚の開拓担当、生田先生が古き良き宝塚の継承担当なんだと思ってる。
(だから植爺様、安心してご引退なさって大丈夫なんですよ!!!?!!)

物語冒頭、みゆコリンヌがパリへの憧れを語るシーンがとにかくすごかった。
自らに役を憑依させ、観客をその幻覚に取り込むような彼女の演技。
見た目もハマっていたし、何より、ともすれば人をイライラさせかねないコリンヌの仕草・言動を、愛くるしさに転化した力。
みゆはすごいみゆはすごいとかねてから思ってはいたが、私が本当に彼女のすごさを理解したのは、この作品の冒頭の「鳥のように〜」の歌だった。
両手を軽やかに拡げ、本当に舞い上がっているように見えた。

それからフィナーレのデュエットダンス。
役から少し離れ、素のちぎみゆそれぞれが見えるようなダンス。
幸せな表情を交わす姿、互いに溢れる敬意と愛しさ、抑えきれずこぼれ出すように振りまかれる喜び。
見ててあんなに幸せをお裾分けしてもらったデュエットダンスは、たぶん他には無い。
「あーーちぎみゆ結婚したんだーー……」
とありありと思った。

この伯爵令嬢で勢いが付いたように、ちぎみゆは芝居作品の引きの強さが続いている。
るろ剣のポスターを見て、また代表作が増えるのだと言った友人がいて、全くその通りだと思った。
今のところ、脚本が駄作、という作品が当たったためしがない。
劇団側も何らか配慮をしているのか、あるいは芝居の申し子たるみゆが、作品を引き寄せているのか。

いずれにせよ、ちぎちゃんは良い嫁をもらった。
生田先生もみゆもちぎちゃんも観客も、皆が幸せになった公演だけれど、この中で一番ラッキーなのは、みゆを相手役に迎えたちぎちゃんという気がしてきたぞ、と。

広告を非表示にする