読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

壮一帆DS『So Wonderful!!』

「演出:酒井澄夫」ってあると観たくなるよねw

えりたんの退団後初DS。
髪型や声が男役のままなのに、おしりのラインだけ女性で違和感ww
アンコール後のMCで語れるんですが、体型補正をしていないんですね。
私たちの目にはまだ「男役寄り」に見えるけど、着実に「女性化」への道程にあったのだなぁ。

らんじゅさんは割と「蛹から蝶へ」みたいな女性化をされたと思うんだけど、えりたんは1枚1枚、徐々に脱皮していく女性化だったのかもしれない。
バッタの類みたいな……(すみません)

OPから腰落とし〜の回しまくりんぐで、
「キャー澄夫ちゃんはこれだから/// 好き///」
ってなるやつ!

『Feeling Good』も痺れた〜。
えりたん、歌が上手いなぁ。
歌に気持ちを込めて観客に届けるのが上手いというか。
届けるというか、ド直球でぶつけるというか……w

中国もの〜日本ものメドレーは、特に日本ものパートの笹舟〜この世に〜花の如くは、もう泣いても良いですか……状態。
恋の笹舟&この世にただひとつは、もちろんえりあゆ的な意味でつらくてつらかったんだけど、散らば花の如く聴いたら、
「あー何回も観たな、えりたんが真ん中で光り輝いて、雪組子がえりたんを中心に一つになってたな……」
って思いだして涙ダラダラ流れた。
改めて、トップスター・壮一帆の公演をたくさん観られたこと、幸せに思う。
私は、彼女の光を浴びに、劇場に行っていた。

余談ですが、えりあゆって声合ってたんですね……。
声というか、歌い方なのかな。
一花さま、大好きなんだけど、えりたんと歌うと上手すぎ&強すぎに感じた……。
そしてこの一花さまとデュエットしまくってた未涼亜希さんってやはりすごかったのだな……。

(スカステ放送で観たんだけど、チョサッケン的なアレによる割愛がたぶんあった、いきなりつながりが切れるところがあった……。)

一花&さあやの娘役コーナーがあったのも良かった!
Wカルロッタ面白いwwww
さあや氏も新公カルロッタ演ってたんですね。
ってか、オサさんのときの本役カルロッタ、出雲綾さんだったのか……。
一花ルロッタの方が「カルロッタ路線」からすると異例だったのかな……。

そして澄夫ちゃんなのでリベルタンゴもある、というw
ダークシルバーっぽいグレーのスーツで、らんじゅさんの『Streak of Light』思い出すお衣装だった。
なんか、えりたんもStreak of〜に出ていたような、時空を超えた共演を観たような錯覚。
えり一花の見た目と体型バランスもぴったりだった。上級生芸って良いなぁ……。

えりたんの明るさ、クレバーさ、サービス精神を改めて実感したし、男役・トップスターのえりたん見られて幸せだったなとも再認識したし、何より、宝塚は辞めたけどえりたんはえりたんだ、これからもえりたんはえりたんとして歩んでいくんだっていう、安心感、この先の明るさみたいなのが見えて、貴重な「通過点」を見ることができる公演だった。