読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『哀しみのコルドバ』ヤンみはる

劇団さんがこれちぎみゆで再演の決定したの、わかるわーー。
ちぎみゆ合いそうだもん。観たいもん。

ちぎちゃんてヤン様に似てるのかもしれない。
頬のこけ方とか、踊るときの構えの雰囲気とか。
2人とも九州出身だしw

柴田先生作品なので(←)悲恋ものだし三角関係なんだけど、本当3に柴田先生は悲恋もの&三角関係の百本ノックみたいな方で、悲恋もの&三角関係ばかりなのに、どうしてこんなにどれも異なる物語で、どれも名作なのか。
(久美子先生もそうなるのかなぁ……。)

ダンスシーンが多くて見応えがありますね。
このときの花組子、お芝居でもこれだけ踊って、ショーでも踊って、大変だったんじゃあるまいかw
正塚先生が芝居作品の中でも生徒を踊らせまくるの、柴田先生の影響なんだな……。

序盤、仲間であるビセントの不倫を咎めた主人公・エリオが、結局自分も不倫の恋に陥っていくところとか、いかにも柴田先生っぽい。
他の作品でもなかったっけ、友人をたしなめた主人公が、結局その道に自分もハマっていく……みたいな。

苦悩しまくってるのをダンスで表現するヤン様めがっさセクシーだったし、ちぎちゃんも苦悩芝居のハマる人なので、さぞや、さぞかし似合うであろう。

如何せんヤン様作品はメラコリとBJを何度も観ているものだから、みはる氏へのイメージもその2作品でのものが強かったんですが、なかなかどうして、おとなのいい女役もお似合いですね。
けれど、エリオと結ばれる! ってなったときの、少女のような歓び方、あれこそが彼女の魅力だし、柴田先生もそれを意識してあの展開を演出したんだと思う。
あー、みゆで見たい←

そしてこのお話もまた、星逢と同様、男がヒロインにいろいろなものを背負わせて、行って/逝ってしまう作品なのだな……。
背負わされ専科・みゆ……。

柴田先生作品は、脇役にもきちんと人格や人生が描かれていて、濃いなぁ。
脇役配役妄想するのも楽しいですね、って思ったら、主要な配役もう出てたわ。

アンフェリータがあんりなんですね。
みんな大好きちぎあんりアゲインですね。
ビセント咲ちゃんか……咲ちゃん可愛い系だから、人妻との不倫似合うよね……。
フェリーペはひとこちゃんかー、美味しいなー。

振り分けも出てた。
やっぱりあゆみ姐さんとひーこさんはいるよね! 良かった!
あのスペインの女ダンサーズにあの2人がいないと始まらないもん。

チケット的にも日程的にも観に行けませんけどね★