読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『記者と皇帝』

大野先生の、重厚で正統派で知的な軽妙さが求められる作品は、実力派かつウィットある演技ができるスターさんによく似合うなぁ……。
きりやんとか、みっ様とか……。
変な言い方だけど、みっ様の上手すぎさ加減を持て余していない作品って、私は初めて観た。

スクリューボール・コメディってやつですね、さいしょケンカばっかしてた男女がドタバタ騒動の中でいつしか惹かれ合って、最後大団円、という。
ストーリーも演出もメリハリがあって引き込まれるし、恋人たちはハッピーエンドだし、作品全体のメッセージも前向きで明るい。
1幕モノの『ロシアン・ブルー』も2幕モノのこれも、複雑さを最低限に抑えて、きれいにまとまっているのは流石だなぁ〜……けど、観る人によってはこれでも難解だったりするのかな……。

マーチングドラム、フェンシング、タップダンスと、みちこ様かくし芸大会みたいな感じで次々と繰り広げられる演出が、作品のテンポ、小粋さ、メリハリに大きく寄与している。
キャラクター自体もだし、演出もみっ様主演であることが前提になっていて、大野先生の大きな信頼がビシビシ伝わってくる。
いやー、みっ様にならいろいろやってもらいたくなるよね!
そしてきっと、この出来栄えは、作者の期待以上のものなんだろう。

牢の柵がぐるぐる回る演出は面白いなぁ……。
バウは盆が無いもんね。
なるほど、そういうカバーの仕方があるのか……。

まさこカチャたらちー愛みなと、と、おなじみのスターの数年前の姿を観られるのも楽しい。
あっきーこのときはバイトリーダーだったんだね……。
何役演ってるんだ、しかもそれぞれ結構出番と台詞が多いぞ……。

うらら様も、このとき最下級生だったらしいんだけど、固定のお役(みっ様の妹)が付いて、出番も台詞もロマンスも(!)しっかりあるのがしゅごい。
そしてこの頃から、デコルテがっつりのドレスが素晴らしく美しく似合う……。
なんだか今いる宙組スターの「推され」の歴史が垣間見えるようで見応えありますね★