読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『太王四神記』

なるほどなるほど、これが太王四神記でこれがヒョンゴ様なのねぇ、という気持ち。

 

やはりイケコ作品はわかりやすくエキサイティングで面白いなぁ。

エンターテイメントであることに徹底しているよね。

(ただしフィナーレのセンスはわるい)(なんで電子音なの)

 

冒頭の歴史が語られる場面、クマ族のあやねちんがとても好み。

髪の毛に赤メッシュとか入れた二次元テイストが彼女に似合うビジュアルだったんじゃ……。

みわっちの女装が可愛すぎて「花組にこんな娘役さんいたんだー」とナチュラルに気付きませんでした。

けどスジニになったら声が男役で安心した。

 

まとぶんのお披露目だけあって、優しさと気品、威厳を兼ね備えた「チュシンの王」の役柄がぴったり。

またゆひさんがヨン・ホゲなのが最高ですね!

暗く熱い情念、執着的な野心を黒い炎のように燃やす役柄が、彼女の持ち味をとてもとても活かしている。

二番手がゆひさんだったからこそ実現した公演と言っても過言ではないのでは。

 

そうか、ゆひさんもちなつも月組から花組に組替えになったのか。

それで余計に重ねてるゆひさんファンも多いかもしれないなー。

 

輸入モノではないイケコ作品は登場人物&役が多いのも見どころですね。

すみ花れみちゃん、若かりし頃のまぁだい、めおちゃん……。

スターだらけだな!

この頃既にタソが役名と台詞をもらってるのにもびっくり。流石すぎる。

 

しかしうならされるのは何と言っても、えりたんのプルキル!

他の組だったら、組長とか副組長とか、専科の男役さんとかがやるような役だと思うんですよ。

どじょうヒゲだし。老け扮装あるし。

えりたんは三番手です。路線スター、後の雪組トップスターです!

路線で番手付きでここまでやる!? という曲者キャラ。

えりたんはこういう役も経ているから、あれだけ深みのある、洞察に富んだ役の解釈ができるトップスターさんになったのだなぁ……と感慨。

 

気になって新人公演キャスト調べてみたら、だいもんすみ花まよちゃんだったんですね……! 華々しい……。

観たいけどあんまりスカステでやらんよな……。