ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『Celebrity』

なんかいろいろ詰め込みすぎて、ショー全体として何を表現したかったのかはわからないんだけど、やけにギラギラしているのがちえねねに妙に似合っていて、なるほどこれは稲葉先生にとっての「ちえねね」を表現したのかな、と解釈。

真っ赤とかファーとかキンキラとか着せたかったんだよね! わかる!

 

タイトルや冒頭のテイストから、てっきりアメリカ音楽が中心になるのかと思いきや、アラビアンもラテンもあって、たぶん知っている中ではいちばん草野テイストが濃いw

突然世界旅行に出かけちゃうんだよね……。

あとコミックの場面が長くてしつこいんだよね……www 紅ちゃんが楽しそうなので良かった

 

あとたぶん「今一番新しいものを表現する」というショーの命題に挑んでるんだよな。成功してるとは言いがたいけど。

「セレブ」とか「メール」とか、数十年後に見返したら「2010年代当時はこういう文化があったんだ~」という宝塚史の中での史料になりそう。

 

一方で、ロケットのお衣装はド正統派のパリ・レビュー風だったり、とよこさんの軍服銀橋渡りがあったり、「宝塚」も盛り込まれている。

後者ははなむけの意味合いが強いだろうけど。

これが余計に全体のテーマをわかりづらく、散らかった印象にしてしまっているんだけど、こういう「古今の融合」みたいなのをやりたかったのかな~とぼんやり。

1つ1つの場面は好きなんだけどね!!

 

しかしこの頃、ちえねね全然声出てなかったんですね……?

ナポレオンとかロミジュリとか、2人とも努力を重ねたんだなぁ。

 

稲葉先生も、Mr.Swing辺りからいきなり安定感高くなったけど、どうしたんだろ。

このショーでいろいろやって、やりたい方向性が見えてきたのかな……?

 

スカステ版の東京千秋楽映像を観たので、とよこさんのサヨナラショーも付いていて、思わず涙。

世界の王で黒燕尾で、とよこさん降りてきた後にちえさん降りてきて、サビで手をガシッと掴みあうとか泣くに決まっとるやろ。

天使のはしごの曲と、JUMPと、どうやって伝えよう。

 

れみちゃんはWelcome to バーレスク

ショーでも、星にこんなパワフルな歌声の娘役さんいたっけ? と思ったられみちゃんだった。

2人とも、惜しい上級生を……という気持ちだけど、退団後も幸せに充実して暮らしてらっしゃるようで何よりです。

広告を非表示にする