ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『LOVE & DREAM』

ものすごい公演がこの世に生まれてしまった……。

 

公演全体がアトラクションのようだし、ディズニーランドのようだし、ディズニーそのもののようだし、宝塚そのもののようだった。

愛と夢とサービス精神とホスピタリティ。

いやー、楽しかった~。

 

そして真ん中に、ミッキーと同じくらい、

「この方が真ん中だ!」

と誰が見てもわかる「僕らのリーダー」、みっ様。

その横には、

「この方がパートナーだ!」

とこれまたすぐにわかる、風ちゃん。

 

1幕のディズニーパートは感涙しっぱなし。疲れた。

基本的にみちふうが向かい合ってるところは泣きました。

連れ添って20年、みたいなしっくり感があるよね。

「あゆっちは生まれ変わってもえりたんの相手役になりそう」と言ったのは強火えりあゆ担の中村B先生だけど、みちふうは前世で既にコンビやってて、今が2周めなんではないかと感じる。

 

可愛い曲を可愛い振りで踊る星組子各位、全員可愛いが特にまさこ&みきちぐ。

でっかくて美しいものが可愛い動きをするのとちっちゃくて可愛いものが可愛い動きをするのが同時に見られるなんて、ここがこの世の楽園か……!?

 

七海さんのカリブのカイ賊は無限リピしたいくらい素晴らしかった。

長髪ワイルドかいちゃん素晴らしいですね。

ああいうのめっちゃ似合うし、まおくんも楽しそうでした。

なんとなくかいちゃんとまおくんは似合うものが似ている気がするので、かいちゃんの下でたくさん吸収してほしいですね。

 

みちふう以外も、舞台上にいる男役&娘役が組んだりデュエダンしたりするのが多くて良かったなぁ。

一人ひとりがプリンセスでプリンス。

星娘はみんなキュートで、表情や動きのヒロイン力&プリンセス力が、流石ねね様の下で学んだ子たち……と、改めてねね様の残したものの大きさ、ねね様の偉大さを感じました。

 

白眉は風ちゃんのプリンセスメドレー。

ラプンツェル、アリエス、ジャスミン、エルサを1つのパートで立て続けに演じて歌うんだけれど、どれも歌い方を変えていて、どれも上手い!

今回生徒さんに負担を掛けないためなのか、衣装替えがあまり無くて、風ちゃんもこのメドレーを全部同じドレスで歌ってるんだけど、ちゃんとそれぞれのプリンセスに見える。

レリゴーは大迫力だった……歌声で劇場を支配してた。

私、あんなトップ娘役さん、初めて見たわ。

 

2幕の宝塚パートは、皆本領発揮という感じ。

1幕では可愛かったみきちぐがカッコよかった(真顔)。

油断してた。この方、上級生男役だった。心臓に悪いわ……。

 

黒燕尾、羽扇子、おなじみの名曲の数々と、タカスペのようだったw

そして凱旋門~モンマルトルのみきちぐが色っぽくて辛かった……。

 

ラテンメドレーは本当に本当に本っ当にすごかった。

この熱さはちえさんが残したものなんだな……。

そこにみっ様が集団としての統制をもたらしたイメージ。

 

シナーマンのみっ様は超人的だった。

1人の人間がここまでできるんだ、と感動した。

人の形をしたオーケストラみたいだった。

この人はどこまで行くんだろう。

大型運転免許も取って……牽引の免許も取りたがってて……。←

 

最後のパレード? が全員白カジュアルで、ペンラがシャンシャン代わりなの良いですね。

そしてみきちぐが白ファー付けてチャラゴージャスで、またダメージを食らう。

 

いやー、素晴らしい公演であった。

サイトー先生お疲れ様! 代表作が増えましたね!

広告を非表示にする