ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』

いつもどおりの大介先生ショーOPだなー……と思ってたら、中国風のみりまぁきたが出てきてびっくりした。

先を見てくと、あれはかなめさんの耽美性を活かすためのエキゾチシズム演出の一環だとわかるのだけど、いきなりは唐突www

 

アニバーサリー・イヤー公演だったから「宝塚」がタイトルに入ってるんだけど、中身はといえばテーマモチーフは「フェニックス」で、もちろんそれはこの公演で退団されたトップスター、凰稀かなめさんのことに他なりません。

 

大介先生作品の傾向として、この作品もなんだけど、一つの作品としては全体のまとまりを欠いているw

ただ今回に関して言うと、かなめさんの多面的な魅力・強みを活かそうとした結果なんだよね。

コントあり耽美あり正統派ありで、最後かなめさんこれできて楽しかったろうな、というのが詰まっているので、とりあえず良いかと……。

 

みりおんはなんだか、すっしぃと組んでる方が印象に残ってるね……。

しかしラストデュエダン、かぶりつくようなキスがあっておぉぉっとなった。

かなめさんと組む各場面の表情も切なげだったよね。

 

まぁみりも程よくあって、「これからはこの2人でやっていきます! おまかせあれ!」ってことだったのかな。

けどエトワールまでその2人なのはやりすぎだったのでは……?

 

てるきたはとにかく多かった。

最後まで公式でしたね……の、割に退団後の交流が見られないのはなぜだろう。

連絡は取り合ってるのかな。

 

たぶん生で見てたら面白かったんだろうなー。

映像で見てても体感時間短かったしな。

 

歌詞のダサさだけはどうにかしてほしかった……。

HOT EYES!! ではあんまり気にならなかったんだけどな。

この頃大介先生一番忙しかったつうのもあるのかな……?