読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『ラブ・シンフォニー』オサさん

中村B先生はハズさないなーーー流石!!

キザでお洒落で小粋で華やか、まさに花組のイメージをそのまま具現化したようなショー。

取りも直さず、その雰囲気はオサさんの持ち味でもある。

ザ・花男、生え抜きの花組トップスター。

 

歌の名手・オサさんのサヨナラ公演なので、歌がメインなのかなー、タイトルも「シンフォニー」だし……と思っていたのだけれど、ダンス中心の場面の方が印象強かった。

 

オープニングは正統派パリレビュー風。

中村B先生が花組作品でやってきたようなやつ。

先生の中で花組=パリレビューなのかも。

 

えりたん中心のクラブ風の場面(出た!!!)が続く。

えりたんの横がみわまつみつるめおまぁで、まぁ豪華、目が忙しい! と思っていたら、巨大トランプからさおたさんやらいらいが出てきて死にました。

さらに後から若手がわらわら出てきて、完全に目が潰れた。

未涼パイセンは当時既に腰使いがえろいなぁ。

 

おまけにオサあやも出てくるしな。

花組ポーズでアピールする男役たちをあやねちゃんがソデにするの、笑った。

巨大ダーツの前でオサさんがくねって、

「オサさんは見た目が攻め様だからこういう受けっぽいの似合わんなぁ」

などと思っていたら、あやねちゃんを(垂直面だけど)押し倒しはじめてびっくりしました。

あーえろかった。

ショーであれだけえろいシーンも珍しいのでははは。

 

どピンクのまとぶんを、パステルピンクの花娘ズが囲んでカッコよく踊るシーンは壮観! 花娘の真骨頂を感じる。

中村B先生は各組の娘役の持ち味を活かすのが本当にお上手だなぁ。

サイトー先生みたいな、娘役愛偏重! みたいな演出も好きだけど、男役のカッコよさ&娘役の素敵さ、それぞれがお互いを活かしあう中村B先生のバランスの取り方は、毎度絶妙だなぁとしみじみ思う。

 

中詰めはラテン。

白メインで裏地が原色のお衣装、素敵ですね。

男役さんのスーツもだけど、娘役さんのドレスがいっとう素晴らしかった。

クラブのシーンで緑のスーツだった未涼パイセンはここでも緑のシャツで、数年後の運命を暗示(してない)。

あやねちゃんのお衣装は、もしかしてパイナップルの女王……?

やっぱりあやねちゃんは見た目大人っぽいものが似合うにゃー。

 

この後のアディオス・バンボレオ もだけど、中村B先生のラテンは、明るいだけでなく、湿度と熱のある翳を孕んでいるのが素晴らしいと思う。

 

黒燕尾はすごく良いですね!!! 食い入ってしまったわ。

中村B先生作品の黒燕尾はいつもだけど、この作品も、音楽も振付もカッコいい~。

「カッコいい」の感性が鋭いんだろうな。

こだわりセレクション「黒燕尾」も中村B祭だったというし、こと黒燕尾に関しては、既に大家の域だと思う。

 

贔屓のサヨナラ公演のショーがこれって、オサさんファンも感無量だったのでは……?

私もマイドリで良かったと思ってるぜ。ありがとう中村B先生!