ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

壮一帆DS『Bright』

あまりに堂々としたえりたんっぷりだったので、これ雪組トップ決まった組替え直前のだったっけ……? と錯覚してしまったが、それはSo in Loveの方だった(恥)。

 

 

序盤のバーレスクメドレーがカッコいいカッコいい。

たぶんえりたん本人は色気を出そうとしてるんだけど、結果として威圧感出て高圧的になってるのがとてもえりたん。

「盛り上げて! 脚上げて!」のとこなんか、客席降りして歌ってるから、そういうプレイみたいだった。

最高だな……。

 

DSで中国モノのお衣装が出てくるの、珍しいですね。

中国モノ&日本モノメドレー。

 

オグリ!の「命よりも長く」、さあやとデュエットで歌うところ、見つめるまなざしの優しさ、笑顔の暖かさが超ド級

「どっふーーーー!!!」

ってなった。

DSだから、けっこう寄りでガッチリ撮影されていて、

「あゆっちは毎公演この表情を間近で……そら夢中にもなるわ……」

と、ナルホディウス。

 

「愛燃える」も思い出の曲として歌ったんですね。

このDSでいろいろ歌っておいたから、サヨナラショーのときも潔く「トップ就任してからの曲だけ」って絞れたのかな、なんて思ってしまった。

そのくらい、今までのえりたんが経てきた作品・お役の曲がたくさん取り上げられていて、集大成っぽいセトリでした。

組替え前のDSかと勘違いしたくらいにw

 

闇広もここで歌っていたなんて……。おまけにまよちゃんルドルフなんて……。

えりたんトート、実現こそしなかったけど、もし演っていたら闇が濃く力の強いインパクトあるトートになっていただろうな……。

えりたんって放つエネルギーが大きくて光が強い分、反作用的に生じる闇も強くて濃い人なので。

イケコ一本物で真ん中に立つのが観たかったぜ、つくづく。

 

さだまさし「風に立つライオン」は、情景が浮かぶようだった。

えりたんこういう歌い方も上手い。

 

全体通して、えりたんの多面的な魅力と、この時までにえりたんの歩んできた道がギュッと詰まった好編集のDSだった。

岡田先生、DSの演出上手いなーやっぱり。

私がファンになるより前の公演だけど、これやっといてくれてありがとうございます、という気持ち。

広告を非表示にする