読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組 『風の次郎吉 —大江戸夜飛翔—』

ウゥッ、すげー……!

話が面白く明快で完結でまとまっておりなおかつキャストそれぞれが活躍している……!

 

この辺かな、サイトー先生がヒットメーカーになったのって。

もしかして、みっ様がミューズだったのかな……?

岡田先生を奮い立たせ、サイトー先生にヒット作を創らせ、みっ様の功績偉大すぎるね……?

 

やっぱりサイトー先生は娘役の扱いが手厚いですね!

 

Wヒロインってどうしてもどっちかがワリ食っちゃいがちだけど、この作品はゆきべー等しく、目立ちどころとロマンチックな場面があるのが良い。

2人とも気の強い女の子の役なんだけど、べーちゃんが鉄砲玉みたいに突っ走る陽の強さで、ゆきちゃんが復讐心を燃やして生きてきてる陰の強さなのが良い。

さらにゆきちゃんは手品とか三味線とか、難しい技巧課されまくりなんだけど、きちんとこなしていて「流石ゆきちゃん!!!」と敬服の念が深まった。

 

じゅりあ様きらり様という、花娘の大御所もメインキャスト。

こちらもワリ食ってる印象は無く、2人美味しい役どころ。

じゅりあ様、花男3人からモテちゃうのも納得させる貫禄の遊女っぷりである……。

きらり様もコミカルで意外なキャラクターを全力で演っていて、それがサムくなく、やはり実力派上級生娘役の匠の技……と唸った。

 

ガガひらめもかなり出番が多くて、良い味出してる。

2人の可愛さと雰囲気の面白さが遺憾なく発揮されている。

みんな役名が芸名orあだ名にちなんでるのも流石サイトー先生ポイントだよね。

愛だなぁ。

 

もちろん男役も大活躍。

あきらカレーマイティという路線混み合いキャストだけど、ぶつかり合わない配役&ストーリー。

こうやって書いてみると、登場人物がこれだけ多いのに、話や人間関係がゴチャゴチャしていないの、やっぱりすごいな……。

 

作品を締めているのは、ふみかさん&まよちゃんの「お主もワルよのぉ」コンビ。

2人とも上手い上手い。

ふみかさんはストーリーテラー活動弁士役も演っていて、そっちも立て板に水の弁士っぷりで最高である。ふみかさん最高なんである。

さらに過去に深い業を背負ったハッチさんとか出てるからな。

ハッチさん、いろいろ背負う役似合いすぎるよね。専科になってからどれほどいろんなものを背負わされていることかw

 

男2、金さん役のあきら!

あきらじゃないとできないであろう、強さとカッコよさと明るさ。

あきらは鼻の形が男なのでドキドキしてしまうよね……。

フィナーレのお衣装とか、完全にとうらぶの刀剣男士でしたわ。

 

そして誰より何より、主演のみっ様!!!

元々芸達者で技巧派で、完全無欠の人だけど、そこに加えて私、この役のみっ様を「カッコいい……!」と思いました。

この世の理不尽を歌い、義賊として生きる歌のときのみっ様が、激しくて翳があって、今まで見たみっ様の中で一番セクシーだった。

 

んでまた、千秋楽カテコ挨拶が泣かせるよね……!

苦節を歩んできた人にしか言えない言葉の重みよ。

 

トップ就任直前の作品がこれになったみっ様も、一緒に出られた花組子も、みんなみんなラッキーだなぁ……!

これ終わった後、かなり「次郎吉ロス」になってた人多かったけど、むべなるかな。

たくさんの人の宝物になったんだね……。Hey! Hey! Hey!