読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ワンダーランド』全国ツアー

ダーイシショーってEテレっぽい、と一度思ってからもうそうとしか見えなくなってるんだけど、これは私以外の人が見てもEテレだと思う(⌒▽⌒)
明るくキャッチーでノリやすく憶えやすい主題歌、前向きな歌詞、極彩色多色使いの幕(アルファベットも散りばめられているのでえいごであそぼ感ある)、世界各地の伝統衣装・制服を明度と彩度高めにアレンジしたお衣装。
Eテレじゃねーか!!!wwww

ベージュのミリタリーっぽいお衣装(アクセントが赤でオシャレ)で雪組子が次々と出てくるオープニングで、夢の世界・宝塚へ出発進行。

第2場「白鯨へのレクイエム」ってタイトルが面白い。
ミズさん演じる漁師が、白鯨を討ち取るストーリー仕立て。
水しぶきに見立てた紙ふぶきの演出が見事。
ホテルステラマリスで「海が似合う」とサーファーのホテルマンを演じさせられたり、やっぱりミズさんは海の男っぽさあるw
頭に布巻いたミズさんが、同じ格好をしてるときのたまきさんに少し似てる気がしました。ワイルド気品系。
真っ白なお衣装とカツラで波しぶきを演じる雪娘も美しい。
そしてここのセットが青海波っぽくて、やはりEテレ……となる……。

西部劇仕立ての第3場は、コムさん演じる白人青年とまーちゃん演じるインディアンの娘のロマンス。
ピーターパンのタイガーリリーみたいなまーちゃんがEテレっぽさを高める←

第4場のハーレムの場面はケイさんがメイン。
まだ男役だったせしちゃんがハーレムの女の女装してケイさんを誘惑する。
せしちゃんきれいだけどすごくきれいなニューハーフっぽく仕上がってて、
「後に雪娘2となる彼女もやはり男役時代は男役であったのだ」
ちびまる子ちゃんのナレーションみたいな声が頭の中でした。
実はアラビア館の出し物でしたイェーイ! って記念撮影するオチがついてるんだけど、横断幕のXX月XX日を実際の公演日にしておけば良かったのにー、と思った。せっかくの全ツなんだし。

中詰は、後にRSFでも活躍することになるトランプのお衣装で、クラシックの名曲に歌詞を載せて出演者が歌い継ぎ。
テルコマ、きんせしがそれぞれシンメで使われていて、隔世の感ある……。
そして曲がクラシックなので、やはりここでもEテレ感……。

ハレルヤのアレンジでコムまー中心にジャズダンス踊る「グローリー」の場面が白眉。
コムさんって技巧系のダンスが映える方なんですね。
軽やかな動きがめっちゃカッコいい。
娘役みんな黒のドレスなんだけど、まーちゃんだけジャンプスーツ? なのも好き。

デュエットダンスは見入ってしまうなぁ。
コムさんて美少年系の美形だけど、大人っぽいまーちゃんといると、クサさ・男らしさが前に出てくる印象。
やっぱり2人とも花組出身なんだなぁ、と。