読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『銀の狼』初演

すごーい、雪全ツのと全然違う……!

演者が違うから当たり前っちゃ当たり前かもしれないけど、例えばエリザとかの再演だと、そのキャラにハマりそうなスターさんを当てていくじゃないですか。

銀の狼の再演は、ぜんぜん色の違う二番手さん・三番手さんが番手そのままで配役されていて、かつ、主演者も似ているようでぜんぜん違う持ち味の2人なので、なんだか別の作品のような雰囲気なんですよ。

 

あと単純に初演は大劇場公演なので、人が多いw

オープニングの悪夢のシーンとか、大人数がシルバに襲いかかっていて、悪夢度かなり高かったww

 

コムさんはかなり硬質で、強さと厳しさがある、人をはねつけるようなシルバだったんだけど、かなめさんはもっと柔らかくて、人間らしい弱さがある。

なので、悪夢にも怯えるし(コムさんは「苦しむ」という印象の方が強かった)、レイとの別れのシーンもめっちゃ仲良くて、ザ・男の友情☆みたいなノリがある。

 

コムさんもミズさんもハードボイルド色が強かったから、雪全ツ版はプロ同士の緊張感のあるシルバ&レイだったけど、かなめさんとゆりさんは、仕事仲間である以前にダチ、っていう感じだったな。

ゆりさんの方は「最後までいいヤツだな……!」なんだけど、ミズさんの方は「お前いいヤツだったんだな……!」ってなる。

 

印象の差はミレイユとの接し方にも顕著で、コムさんは「仕方ねぇな……!」って感じでまーちゃんの手を引いて歩きはじめたイメージだけど、かなめさんは麻乃佳世氏と恋に落ちて、二人で手を取り合って堕ちていくように逃避行が始まるような印象だった。

『銀の狼』は明確にラブラブなシーンがあんまりない作品だけど、トップコンビの雰囲気でかなり印象が違うんだなーと驚いた。

 

ジャン・ルイも、のん様は息をするように悪事をし慣れてる悪党だったけど、ケイさんはもっとガツガツした、野心みなぎってる悪党だった。

この辺はそれぞれの持ち味とか学年差とかから来るんだろうな。

「再演といえど、演者たちにとっては初めての作品」て正塚先生も言ってるし、そういうつもりで演出をしているんだろうな。

 

再演モノって見比べるのが面白いけど、これは特に面白かったですわ。

どっちも好き。見比べることでそれぞれの魅力が引き立つ感じ。