読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『うたかたの恋』タカハナ

うたかたの恋のテーマ曲って、猛烈に聴きたくなることありますよね。

というわけでタカハナ版。

 

まぁ何つったっておハナ様の姫役者っぷりがすごい!

当時既にかなりベテランでらしたはずなのに……。

酸いも甘いも噛み分けた大人の女の役も、純真な少女の役も、どっちも同じくらいハマるってのが、流石「伝説の娘役」だなぁ。

 

たかこさんの手脚の長さは、何を着ても映えるけど、白軍服の似合いっぷりは中でもひとしお、ですなー。

そして今回も井上芳雄氏に似ている……と感じた……。

こないだのネバセイはイケコ演出つながりで、今回はルドルフつながりですね。なるほど(?)。

 

改めてちゃんと見ると、本当にきちんと構成されたお芝居ですね……。

政治とプライベートの両面から窮地に追い込まれ、マリーの手を取り死に駆け寄っていくようなルドルフ。

舞台全体に漂う緊張感は、悲劇に向かうにつれ満開に近づく花のように熱と輝きを増す2人の恋を、より引き立たせる。

(そしてその「恋の花」は、マリーが死の床を飾る薔薇の花弁として具現化する。)

 

「うたかた」、つまり水の泡ってタイトルですが、それよりもっと力強く熱い、奔流のようなエネルギーを感じます。

タカハナって「見つめ合い力」がすごいというか、「世界に2人だけ」みたいな空気を作るのが上手いコンビだと思うんですが、その力が物語とマッチしていた。

てるみりのうたかたは運命の流れが2人を押し流していくようだったけど、タカハナ版は2人が自ら急流を生み出していくようだった。

どっちも「アリ」で、正しい解釈なんだろうなぁ。

 

わたるさんの暖かさも親友役に活きていて、却って物語の悲哀を高めていました。ナイスキャスティング