読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-』

www.youtube.com

 

三重県によるCMで最近話題の石田三成です!

 

恥ずかしながら日本史に疎くて、なるほど石田三成ってこういう人生を歩んだ人だったんですねと勉強になりましたというのがまず一つ。

ダーイシ演出はやはりわかりやすいなぁ。かなり簡略化されているところもあるだろうけど。

そして物語が茶々=淀との出逢い~死別にフォーカスが当たっていて、恋愛ものとしてもときめきがあった。

歴史上の人物モノにありがちな「早送り」の慌ただしさが無かったのも良かった。

 

秀吉役のマヤさん、これだけ役の比重として大きくて、これだけ悪~い役のこと、あんまり無いのでは。

いるだけですごいような人なのに、役の圧倒的存在感と相まって、作品がビシッと締まって重厚さを増している。

 

やはりすみ花はすごい……。圧倒的名優や……。

怒りを抑えて声が震えるような、「感情を抑えて行動する」ってのを演じるのが上手いですよね。

 

ゆひさんもいつも通りのカッコ良さなのだが、いまひとつ役がニンに合っていないように思えた。

義と情の間で悩むより、血も涙もなくバッサバサ他人を傷付けるようなゆひさんの方が個人的にはしっくりくるんですよ……かめロマみたいにさ!!

なので一番「キャーカッコいい~!」ってなったのはあの二本角の兜かぶって出陣するシーンだったし、牢の場面も迷いのない真っ直ぐな静けさがあって良かった……。

 

斬首シーンの緊迫感と演出はすごいですね。

首落ちるまさにその瞬間に、ばっと降ろされる緞帳。

あの斬首する役、風羽玲亜氏で、サヨナラ特番でも緊張したって話題に出してたもんな。さぞや。

 

主演コンビ以外の登場人物にも、美味しいところが多いのも良い。

当時二番手のかなめさんは言わずもがな、三番手のみっ様率いる「七本槍」とかね。

みちこ+ツインタワー+みーちー大カチャってな……。

どんだけスター溢れてたの宙組……。

群衆がイキイキしているシーンが多いのも嬉しいですね。

 

日本モノやっぱり美しいし、えりたんの前田慶次しかり、この時代ってお衣装・鎧兜が傾いててデザイン楽しいので、もっとやりましょう?? 武将たくさんいるから題材もたくさんありますし?