読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『ファンシー・ダンス』

(たぶん)比較的難易度の低い三木先生ショー……だと思う!

わかんない、三木先生ショーにはカッコよさでいろいろ感覚が麻痺しちゃうから冷静に観られない!

とりあえず演出が安定のカッコよさなのに加え、あさこさんのカッコよさで上手い具合に相乗効果起こしてます!!!

 

OPの白青のお衣装がまさにあさこさん、っていう「ぽさ」を感じるなぁ。

爽やかに見えるけど男くさい、スカして見えるけど洗練されてる、みたいな。

 

しかしこの場面も含め、フィナーレ手前くらいまで「カッコいい」に比重が置かれてて、みほこさんの可愛さが活きてないんだよなァ~。

『ファンシー・ガイ』でも感じたフラストレーションだけど、三木先生、娘役の可愛さを活かすのは上手いけど、可愛い娘役トップの可愛さ活かすのは上手くないんだよな……。

まりもパイセンとかちゃぴパイセンとか、カッコいい系の娘1はすごく持ち味が活かされてた印象なんだけど。

やっぱり軸足が「カッコいい」の方なんだろうなー。

 

当時三番手のゆひさんが真ん中になるダンスチャンプの場面は胸アツ。

顔もどこかあどけないし、明るく弾けた雰囲気の場面で、こういう時代もあったのだな~と感慨。

そしてこの頃はそのか氏がいたんだねー。

真ん中張る場面も複数あって、Dancing Hero! といい、本当に愛されていたんだなぁと。

 

きりやん真ん中で、あひさんとあいあいを奪い合う、人形劇に重ね合わされたロシアン・マフィア? の場面も見応えあり。

ただ、この前のゆひさんの場面もこのきりやんの場面も、色彩が赤黒だから「アレ?」って混乱するのよな。

そういうところも考慮してメリハリ付けてほしーッス……。

 

全員ベージュのスーツ&ドレスで出てくる場面でも、あさこさんは「これぞ花育ち!」っての見せつけてカッコいいけど、みほこ氏がワイルドなお衣装&髪型させられて、持ち味が完全に殺されている……!

娘役トップもトップスターなんですから! 配慮! して!!

あと、明らかにターンの速度遅れてるまさおちゃんめっちゃ可愛いです。

 

映画スターの場面は、「イケメン俳優の相手役女優を妬む女性ファン」ってのが台詞でダイレクトに描写されてて、心臓に悪かったわ。

あれコンビ仲の良さに定評のあるあさかなだからギリギリ許されたと思うけど……いやでも宝塚であれやっちゃあかんやろ……。

あさかなの「運命のボーイ・ミーツ・ガール」感はすごく良かったです。

 

中東っぽいターバン巻いて出てくるエキゾチックなシーンはとても好み。

背景がモローの絵画っぽいのが素敵です。

ショー全体の流れの中では唐突だけどw

そのか氏真ん中で始まるのもテンション高まるのだ。

 

そしてあさかな、歌が上手い。

こんなに見目麗しくて、2人共歌ダンス芝居三拍子揃ってて、コンビ仲も良くて……ってなかなかないよね。

すごいなー。

デュエットソングの

「あなたは私の悲しみに優しく触れてくれた」ってのも、鋭利な刃物のような孤独感が魅力のあさこさんをみほこ氏が溢れる母性で包み込むコンビの持ち味を的確に表していた、ので、ここだけで三木先生のことは許しました(ちょろい)

 

フィナーレがクラシック・バレエ調のお衣装&振付で始まるのも新鮮だった。

白鳥と黒鳥みたいなやつ。

相変わらずショー全体としてのまとまりは感じにくいけど……w

けど「素敵なものアラカルト」って感じで刺激的なのと、出演者のフレッシュさ・生気を感じる演出なので、観ていて楽しかったです。