読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『マ・ベル・エトワール』

いや~、90年代、濃いわ~!!!

やはり見れば見るほどクセになってしまいそう……。

 

とりあえずOPが全員キンキラorギンギラのメタリックお衣装で、初期V系みたいな音楽を背に往時のX JAPANみたいな髪型した一路さんが出てきてびびる。

タイトルから「小洒落たパリレビューかな?」って勝手に思い込んでたから余計に。

集中線みたいな照明もダサカッコよくて、時代を感じる。

 

どうやら未来からタイムトリップしてきた一路さんたちが、20世紀はどんな時代だったのかを視察する設定みたいです。

けどその設定要ったんか(笑)。

一路さんを案内する20世紀ガイドの上級生ズも、結局その後出てこないしな……(⌒▽⌒)

上級生ズ、今もバリバリ現役のナガさんが混ざってるんですけど、お化粧が今よりだいぶケバくてバタ臭くて、これまた時代を感じます。

 

「視察」は20世紀初頭のパリからスタート。

なんだ結局パリレビューやるんじゃ~ん!!!

チハル兄貴たちがどピンクのスーツにいかにもな付け髭&ハットでサ・セ・パリ歌いながら出てきて、どうしようかと思いました……。

 

夕暮れの場面で、一人佇み歌うイシさんは、パリの宵の擬人化のようだった……。

本当この方、しっとり妖しい色気ふりまいてて、私たちのイメージする「パリ」に似合うよな~……!

 

おもちゃや動物たちが夜中に動き出す「アパルトマン」はおハナ様メインの場面。

いつまでも可憐な方ですが、この当時は本当に「少女」。

幼妻おハナ様が見られます。どピンクのダルマ着てるんですけどね。

 

場面は上海へ。

軍服の一路さんがチャイナ服の娘役たちに囲まれる、宝塚でよくあるw妖しい場面。

黒チャイナ・黒ボブのおハナ様の危うい少女性。

 

続くコットンクラブはこれまた濃いです。

たかこさんセンターで、豹柄スーツでカッコよく踊る雪組子たち……。

タータンの歌をバックに、イシさんが女装した高嶺さんといやらしく踊るシーンは濃厚すぎて、舞台に3人しかいないのに逃げ場がない!!! すげぇな90年代!!

 

全員白スーツ&白ダルマの中詰めは洗練されていてオシャレ。

圧巻なのは、当時まだ雪組子だった五峰姐さん。

男役さんに脚を持たれて逆さになる、アクロバティックな振付もこなしていました。

他の場面でも扱いが上の方で、本当に重宝されていた娘役さんだったんだなと。

 

トウキョウ・イリュージョンと題された場面で、やっとOPの世界観が戻ってきます。

(当時の感覚で言う)近未来的なお衣装の一路さんを囲む、ボンデージ風のダルマ衣装に網タイツ穿いた娘役さんたち。

五峰姐さんもすごい迫力の表情でいます。

ってかこのショー、ダルマ率高いな!

 

そんなアダルティーな場面の後に、麗しのサブリナっぽい、可憐なおハナ様のソロシーン。

おハナ様は宝塚のオードリー・ヘップバーンなんだな……と思った……。

永遠の妖精、永遠のヒロイン……。

 

フィナーレは「My Way」とか、おなじみのポップスのアレンジが使われています。

もしかして「現代」に戻ってきたってことか……?

 

エトワールは初演エリザのゾフィー役でおなじみ、朱未知留さん。

美穂姐があんまり出てこないなと思っていたんだが、この頃は朱さんがいたのか、なるほど。

いやーすごいなー。雪組。今も芸達者の組だけど。

そこに90年代のエネルギーとか濃さとか、演出家のセンス(なのかな、これは……)がぶつかりあって、なんかものすごいものを見たぞという気持ち。

 

あ、フィナーレは正統派パリレビュー風で、結局タイムトリップのストーリーは回収されませんでした。

フィナーレに使えば良かったのに、あのキンキラの未来人服。