読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ロック・オン!』全国

うーん、困ったな~……。

どの場面を見ても、ミズさんのために書かれたショーだったんだな、というのをひしひしと感じてしまうし、持ち味が全く異なるケイさんが真ん中に立つことによって、却ってそのことが際立ってしまっているのだ……。

 

んもう、なんでまた、前トップ・前コンビの個性色濃いショーを、よりによって新コンビ決定プレお披露目で選んでしまったのか……。

それこそケイさんの妖しい残酷な美少年性を活かして岡田先生のロマンチック・レビューとか、もう作家本人がいないけど無理くりオギーショーやるとか、なんかもっとやりようがあったのでは……あったのではないでしょうか……。

言っちゃアレだが、ショー自体がよくできた名ショーって訳じゃなくて、出演者の魅力・個性に依った作品だっただけに、余計に。

 

ケイミミ悪くないんだよ!?

ケイさんも眉間にシワ寄せて作品をモノにしようとしてるのわかってるよ!?

けど、ザ・大人の男! のミズさんと、バービー体型のみなこのために書かれた大人のコンビ前提のショーなんだよ……。

 

んでまた未涼パイセンが、やたら作品にハマってしまっているがゆえに、ケイさんのミスマッチ感がさらに目立ってしまうのだ……。

んもう、なんであんた初演に出てなかったのに似合うの!?

やはりアレか、花組を通った男役の血脈なのだろうか……。

スーツにハットで踊るのとかどんと来いじゃないですか……。

しかも容赦なくキレッキレで、「男役らしい」アクセント付けて踊ってるしさ……。

 

これ見ると、ケイさんて上手いんだけど、上手さに特化してしまっていて、個性とか男役らしさを表現しきれてなかったように見えるな……。

トップ就任して最初の頃の作品だから、こなれてないってのもあるかもしれないけど! ね!

 

そんな中にあって、初演でケイミミが演っていたピアノの場面を、番手通りに未涼パイセンに当てるのではなく、美少年キャラの咲ちゃんに当てていたのはグッジョブだったと言える。

(岡田先生ならここで二番手に演らせてしまう……。)

相手役はあゆみパイセンだったんだな。

未涼BJで客席を萌え立たせた咲あゆみ、こんな歴史があったんだな。