読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『源氏物語 あさきゆめみし』00年初演

芝居入りの和物ショー、って感じだな。

やっぱりショー作家(草野先生です)の作品なのだと思う。

大階段に真っ赤な布を敷いたオープニングや、貴族がずらっと並んで舞うシーンがやはりと言うべきか見応えがあったし、ラストでまた大階段を、今度は真っ白にして使ってるのは流石の見せ方だった。

草野先生、大階段使うの上手いよね……。

 

まぁ源氏物語は長いし、ヒロインたくさんのギャルゲー状態だし、1幕ものミュージカルでやろうとすると、どうしてもこういうダイジェスト版みたいなのになっちゃうよね……。

源氏物語の方はどうやって編集してるのかな……。

 

しかし、因果応報により物語の円環が閉じる、三の宮と柏木の不貞が発覚する場面の演出は見事であった。

夜を表す暗い照明の中、祭の群衆に囲まれて、不穏な興奮と非日常性の中で訪れる、衝撃。

なんでかしらん、祭・カーニバルを演出のBGV的に使ってる作品は好きだ。

『メランコリック・ジゴロ』とか『Romance de Paris』とか……あっこれ両方正塚作品だ☆~(ゝ。∂)

 

またタモさんの、説得力あふれる美しさね!

繊細な少年タイプの美しさで、光源氏と聞いてイメージするまさにその通りの姿。

どの作品もだけれど、定番の題材って特に「主演を選んで」作品の方から訪れるイメージがある。

 

オサさんの「刻の霊」がすげぇなぁww

ゼウス様の先駆けみたいな感じ……(⌒▽⌒)

やっぱり人間離れしたオーラの方には皆人外を演じさせたくなるのだな……。

ミズさんの明石の君はびっくりしたけどきれいだったよ……。

 

民衆たちの不吉ソングがなにげに好きです。あの節回し何て言うんだっけ。