読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『霧のミラノ』

新人公演と全然受ける印象が違う!

新人公演メンバーが自分たちなりの作品を創りあげていたんだとよくわかる。

 

キャラクター同士の関係性も全然違って見えますね。

二番手のかしちとキタさんが持ち味全然違うから、当たり前っちゃ当たり前だけど。

新人公演のてるキタだと「互いの温かさに触れ合う2人」って感じだったけど、本役のコムかしは「鏡を見ているような2人」、異なる国に生まれたとはいえ貴族の子息同士、互いの高貴さと誇り高さを認めあってるって感じだった。

どっちも「出会い方が違えば友だちになれていた」ってのすごく感じるんだけど、そこに至る道のりが違うような。

 

「娘1をめぐる男1と男2の恋の鞘当て」も本公演の方が印象強かったな……。

もしかして、新公だと端折られてた?

「男1と男2の友情」とそれをすんなり並立させるところ、さすが三角関係の大家・柴田先生だなぁ。

 

あとミズさんのジャンバティスタの存在感が濃くって、ストーリーにもう1軸増えて、立体感があるなと思った。

あの濃さはミズさんならではだな……。

 

あと新公ではコマちゃんがやってた記者のエルコレ、ストーリーテラーなんだけど、本役のえりたんは流石ストーリーテラージェンヌ! って感じだった。

コマちゃんもとても上手いんだが、語り部役みたいな「浮いた」存在感を出すの、えりたんものすごく上手いんだよな。

それで雪組時代、語り部役がめっちゃ回ってきてたんだな。

 

千秋楽映像で、シナちゃん演じる助手のジルにアドリブで指輪を渡してたんだけど、大喜びするシナちゃんを見て破顔一笑したときの表情が、あゆっちのリアクションを見てるときと同じで、

「あー、何年も経ってるけど同じ人なんだなぁ……」

と妙な感慨を覚えた。

 

てるキタせしきんぐがかしちの部下役を演っていて、

「路線スター様たち……」

と隔世の感を覚えたよ。

あと1ヶ月くらいで全員OGだね……。