読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『My Dream TAKARAZUKA』

今見てもなお泣いてしまうなァ~……。

オープニングのえりあゆデュエダンでも泣いたし、街の男と女シーンのえりあゆでも泣いたし、はなむけの白シーンも泣いたし、フィナーレのデュエダンも泣いたし、えりあゆ絡むシーン全部泣いたな!?

 

前田慶次は「大野くんいい作品ありがとう~!!!」ってまだ客観的に楽しめるんだけど、やっぱショーはつらいな、「芸名の存在」でみんなやってるからだろうな……。

んもう、本当に贔屓カプと贔屓だけならいざ知らず、次期贔屓候補までもいっぺんに失うとは思わなんだよ……。

 

けどえりあゆちぎまつ政権の雪組公演たくさん観られたの、楽しかったなー……って思い出しました。

私の青春だったと思う……贔屓応援中のヅカファンって青春を過ごしてるよね……。

 

サヨナラ公演ということを抜きにしても名ショーで良かった、リピれる公演で良かった。

ショーとしての構成も良いし、退団者だけでなく、いわゆる路線スター上から下までそれぞれに見せ場がきちんとあって。

次期トップコンビのちぎみゆのプレプレお披露目シーンみたいなのもあって。

オープニングのちぎちゃんの1回めの「踊れ!」が組子たちの方向いてて、次期リーダー! って感じがするディテールも好きです。

 

そしてえりあゆはやはり良いなぁ……。

真っすぐズンズン歩いていくえりたんの後ろを、真っすぐついて歩いていったあゆっち。

それは、えりたんのズンズンについていけるエネルギーと技量があるあゆっちだったからこそできたことだと思う。

 

街のシーンでえりたんもあゆっちも後ろ向きになる振りがあるんだけれど、えりたんと同じくらい、あゆっちの後ろ姿もドラマチックだった。

「男役は背中」とはよく言われるけど、「娘役も背中」だと思う。

このショーも、宝塚のデュエダンの類型にある、「男役に抱かれた娘役が客席に背中を向ける」という振りが多いのだけれど、あゆっちのその背中の、まろやかで艶っぽいこと。

 

えりあゆは決してダンスが得意なコンビではなかったと思うけど、「見せる」ことに関しては他のコンビに負けないテクニック、重ねてきたキャリアがあった。

えりあゆが組んで踊るところが4~5回あるこのショーで、そのことが再認識できた。

 

中でもフィナーレのデュエダンが、やっぱり象徴的。

2人が手を結び、均衡を取りながら大きな円を描いてくるくる回る。

リードしていたのはえりたんだけど、2人とも同じくらいエネルギーと技量があるコンビだったんだな。

 

お衣装が紫ってのがまた良いよね。

「男らしさ」の極みたいなえりたんと、「娘らしさ」の極みたいなあゆっちの、爽やかな水色とパステルピンクがバランスよく混ざったみたいで。

 

えりあゆ以外で泣いたシーンは、かなとあんりひとこのWonderful Dayの銀橋渡り。

はなむけシーンの直後の場面で、「湿っぽさを払拭しろ!」とえりたんから指示されていたらしいw

WOWOWだか何だかの稽古場映像で、出番前にエイエイオーしてる3人が写り込んでてめっかわなんですよ。

東京公演千秋楽では涙ぐんで上手く歌えてなかったってレポ読んだ気がしたんだけど、ちゃんと歌えてるではないか。えらいえらい