読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~』新人公演

いやー、新人公演ですねーw

本公演まだ観てないので、比較はできないんだけど……。

いやけど、こんなに皆がアップアップになってる新人公演って、初めて観たかもしれない……。

 

この頃のポコちゃんはお歌がまだ「全然」だし、風ちゃんもねね様が創ったシルヴィアに頑張って近づけようとしてるんだけど、いかんせん持ち味・ニンが違いすぎて、無理やりぶりっ子してるみたいになっている。

この頃の風ちゃんはお化粧も歌声もまだこなれてなくて、今のきれいで可愛い歌のお姫様みたいな彼女と比べると、決して長くない期間にぐぐんと技術を向上させたんだなと感慨。

 

あーちゃんもまだ抜擢されはじめた頃なのかな? 大根だったんだなー。

私、何かの公演で、あーちゃんお芝居上手になったね! って感じたことあったんだよな。

何だったかな。何にせよ、頑張って力上げてきたんだなぁ。

 

たぶん演者だけのせいでもなくて、ペラッとライトな短編だから、ベテラン勢のノリとキャラで埋める力があって初めてクオリティが保証される作品なんだよな。

(小柳センセーの脚本のそういう側面を、私はムラ版『SWD?』で身を以て知りました……。)

だからこそ、新人公演は独自の、本役ではなく演者の持ち味・そのときの実力に合った演出・役作り・演技指導をしてあげてほしかった。

風ちゃんなんか実力ものすごくある子なんだから、本当はもっとお芝居上手なはずなのに。

やっぱり野口先生はお芝居志望の方ではなかったんだな……。

 

その中で琴ちゃんの座長役(本役はみきちぐかな)は目を引きました。

抜擢されてる若手スターさんは何人もいるけれど、やっぱり彼女は安定感がある。上手い。


オッと思ったのは、ルーチェ役をせおっちがやってること。

丸顔の琴ちゃんの役を面長のせおっちが演ってるので、せめてカツラくらい変えてあげなよ、と思わないでもないですが、フワフワ空中分解気味の作品の中で、地に足がついている感じがありました。