読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

星組『Etoile de TAKARAZUKA』新人公演

まかぜ様は……スター様ですねぇ……。
宙組二番手として輝いてるけど、真ん中に立つ素質は既にこのとき手に入れていて、もうあとは時を待つだけの状態になってるんだなぁと思った。

新人公演なので、あまり番手を問わず、いろんな生徒さんが各場面の真ん中に立っていて、今まで知らなかった星組下級生の素敵なところをたくさん見られる。
新人公演でショー、本人たちは大変でしょうが、良いですね!
何年かに一回は各組でやれば良いと思った。

おひつじ座はもちろんと言うべきか、まかぜあーちゃん。
ねね様のあのお衣装、あの髪型、あの演出をやって違和感のない娘役は彼女しかいなかったろうなー。
お歌はまだまだだし、ぱちぱちウインクのキメ方も本家にはとてもかなわないけど、「ぼくの大好きなアリエル」の説得力がありました。
配役の勝利だな。

かに座が珠華ゆふ氏でびっくりした。
下級生とは思えないしっとりした品と色気があって素敵。
芸名の響きも好きなんです。
彼女の雰囲気にも合ってますよね。
やめてしまうのだなー。

しし座はまかぜ琴というか琴まかぜなんですけど、ちえまさこと身長差が逆なせいか、絡み方がなんだかえっちでした。

星に願いをがぽんちょなのは、配役発表当時感動した記憶がある。
歌うまジェンヌが好きだからw、ぽんちょ当時から応援してて、
「あーやっぱそこぽんちょだよね!!」
って高まった思い出。やっと映像で見られたよー

さそり座のソロダンス、てっきりまかぜがやるのかと思うてたら琴ちゃんだったーよ。
まぁダンサーだからな……。
そう、エトタカの方は新人公演もこういう適材適所の考慮がされてて、それで見ててストレス無かったってのもある。

セ・マニフィークはわかば
歌唱力はとてもとても……だけど、娘役がセンターで銀橋を渡る、そのプレッシャーに勝てる強さ、パァンとしたエネルギーがあるのはやっぱわかばだよな。
この時に比べるとお歌随分上手くなったよね。
オランプできるんだもん。

琴風でディズニーの曲歌うのは、こないだみちふうがやったラブドリを連想させて、
「定められていた未来……」
ってぽっと出のファン的には思いそうになったけど、下級生のが先にトップ娘役に就任したりして、本人やずっと応援してた方たちにとってはワクワクヒヤヒヤの数年間だったんだろうな。
未来を勝ち取った風ちゃん、偉いし強い。

デュエダンはまかわか。
過去の新人公演でも組んでるし、バウでも恋人同士を演じてるし、学年が近くて推されてた時期も重なってるから、二人にだけわかる苦労、分かち合ってきた困難、一緒に乗り越えてきたものが多い二人だと思う。
そういう、重ねてきた時間、築いてきた親しさが見えるデュエダンだった。
これは新人公演だけど、そういうところは本物のトップコンビみたいだったし、間違いなくまかわかはパートナー同士だった。

風ちゃん見せ場少なかったなーと思ってたら、エトワール!
流石の美声でした。
お化粧もお芝居より可愛かったような。