読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ロジェ』新人公演

2~3回観てるはずなんだけど、全然ストーリー憶えてなかった……(^o^)

難しいよ! やっぱり!

難しくって、謎とかロジェの復讐心が「主役」になってしまっていて、ヒロインとの関わりがものすごーーく薄く見えてしまうんだよな……。

得意分野とされる男の友情も、この作品ではそんなに印象強くない感じ。

けど、トップコンビ萌え公演・男1男2コンビ萌え公演としてはアレだけど、サスペンスもののお芝居としては、なかなか良いのでは。甘すぎでしょうか。

 

しかし次のケイレブ・ハントも大劇場1幕モノでサスペンス(たぶん)なんだよなー。

今度はちゃんとトップコンビ萌えも多めに入れてね!?

 

あと、本公演だと演者たちの力や勢いに押されて、ストーリーあまり頭に残らなかったのかもと思った。

新人公演って、稚拙な分、脚本に耳が行きやすい気がする、私の場合。

 

主演は咲ちゃん、ヒロインは夢華あみ氏、男2のケイさんの役はがおちゃん(!)。

マヤさんの役はホタテちゃん……上手いからね!

最後にちょっとしか出てこない、けど、キーパーソンのオヅキ氏の役はりんきら……でっすよね~! 納得の配役!

 

咲ちゃんは上手いんだけど、この頃はまだ全然可愛くて、正塚ヒーローはあんまりハマってない。

けど、このときの貯金があるからこそ、ルパンの次元とか、るろ剣斎藤一で見せた、大人の男の色気、クサさが出せるようになったんだろうなーとも思った。

確かにそれらはミズさんのDNAだ。

 

夢華あみ氏の知的で幸薄そうな雰囲気は、この役にとても合ってると思った。

自分たちの活動の動機へのアンビバレントな思いの演じ方なんかは、正直本役を越えてるのでは、とすら思った。

やっぱり彼女は上手いんですね。

今は卒業して外部ミュージカルにアンサンブルとして出てるわけですけど、新人公演ヒロインだけでなく、大劇場での本公演ヒロインもやってる訳だし、そう遠くないうちに役が付くんじゃないかなーと思った。

 

絶対演じるのが難しい作品だと思うんだけど、ニンにハマってないながらも実力のある咲ちゃんに、実力派のあみ氏・がおり・りんきら・ホタテが周りをガチッと固めてるおかげで、いわゆる新人公演らしさへのストレスは全然ありませんでした。

本当スゲーな、雪組生。

 

特に目を引いたのは、ゲルハルトの娘を演じるえーちゃん。

どっちかいうと大人っぽいビジュアルの彼女が、なぜ少女役に配役されたのか、最初アレッと思ったのですが、この役一場面だけだけどすっごく台詞があって、んでもってすごい演技力を求められる役なんですよね。

父親の秘密を知ってしまっていて、さらにその父親が殺されてしまったという役ですから、なんたって。

って思ってたら、本役きゃびぃだったのか、これ! そりゃえーちゃんになるわ!!←

 

しかし、ゲルハルト役が本役奏乃はると、新人公演真那春人ってのには作為を感じるなwww