読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『モンテ・クリスト伯』新人公演

一応劇場で本公演を一回観てるんですが、いろいろ憶えてないもんですね……w

演出も含め、新鮮な気持ちで観ました。

 

演劇部員ズの解説は、賛否両論だったと記憶しているけどわかりやすいぞ。

喜び組」とか、数年後の今既に解説が必要なワードが使われているのは難点だが、「今、その時」のナマモノである宝塚歌劇っぽさも感じる。

 

新公のキャスト全然憶えてなかったから

「この役○○ちゃんが演ってたんだ~」

ってのも新鮮に感じながら(ノ∀`)

 

愛ちゃんってパリッときれいなのも、ゴワッと男くさいのも似合いますね。

軍服でキラキラ決めてるのも、牢獄のシーンの凄みも、どっちも良いわぁ。

かなめさん政権のときにこの作品、このお役が来て、愛ちゃんがそれを新人公演で主演したっていうのが幸運で幸福な巡りあわせだなぁと思った。

 

かのちゃんのメルセデスも。

物語冒頭の少女の時代は、

「めっかわ! かのちゃんの可愛さ本領発揮!!」

ってなるんだけど、ダンテスが脱獄してきてからのパートの子持ち人妻オトナの女感も堂に入っていてすごい。

かのちゃんどっちもできてすごいですね……。

強い作品・明るい作品も良いし、暗い話も良いと思うよ……! 久美子先生に期待だよ……。

 

目を見張ったのはルイジ・ヴァンパ=そらくんだな~。

いや単に私がそらくん贔屓っつだけかもですが。

そういえば新公キャスト発表当時、

「そらくんがかいちゃんの役だ!」

つって騒いだ記憶がある、ぞ。

 

顔が半分眼帯で隠れてて、髪もドレッドヘアってのがあるかもだけど、頬の感じがかいちゃんにすごく似て見えるんです……びっくりしました……。

上手さ・元気さ・熱さも本役さん並で、ねぇ。

 

あとノーマークだったけど、ダングラール役(本役ともちん)の美月悠くん、うんまいですね~!

かなりともちんに寄せていた感じだけど、ともちんのあのダークな濃厚さを出せるのはすごいですね。

 

りくくん・みなとくんも、路線スターにはあまり来ないであろう悪人役で、それぞれ本役さんの良さを活かしつつ、自分たちらしさも出せていて、良い本役さんについて良かったね……と胸熱。

 

うらら様はエキゾチックなお衣装似合いますな~。

アムネリスもだったけど、中東系が似合うんだな。

 

あと、トップ娘役に新公で役が付くなんて! と当時騒然となった、みりおんのダングラールママ。

上手い!!!

多分下級生時代からの抜擢であまりこういううざいおばちゃん役を演ってこなかったみりおんにとって、貴重な経験になったと思うし、みりおんの上手さで演じるから作品の良いアクセントになって、場面に生彩が出る。

なかなかこれは、良いものを見させていただきましたぞ。