読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

宙組『華やかなりし日々』新人公演

まーーーー何と言ってもうららジュデイ、美しい!

こんな子がいたら先に劇団からスカウトが来るよww

 

髪短いの似合うよね! この時代のお洋服もものすごく似合う~~

フォーリーズに戻ってくるときの紺色のレースのドレスがめっちゃきれい。

原田先生作品はどれもセットとかお衣装とか時代設定は素敵なんだよなー

ビジュアルは素敵なんだけどな~~

 

この頃のうらら氏のお芝居はまだぎこちないところがあるけれど、必死でモノにしようと頑張ってるのが伝わる。うらら氏のお芝居はハートがあるよね。

キスミーダーリンの歌も歌えてるし、可愛いじゃないですか。頑張ったんだな~。

彼女は音域さえ合ってれば声は出るんだよな……どんどん上手くなっているし。

 

りんきらとモンチ、上手い子が男2・男3を演っているので、観ていて大変心地よかった。

音楽のようにお芝居を創っていくよね。

2人の演技で、作品に温度とリズムと流れが生まれてる。

モンチには歌の見せ場もあって、みっ様レベルに上手すぎてびっくりした。

じゅまちゃんとか美月悠氏とかも、脇をビシッと固められるお芝居をするなぁ。 

宙組もなかなかやりよるな!

 

フォーリーズはやっぱり、宝塚のイメージで書いてるよねw

苦しいショービジネス界の裏舞台を見せられたようで、ちょっとヒュッと身が引き締まるけど……。

 

まぁしかしやはり、各登場人物が何をしたいのかわからん脚本である。 

各場面場面のビジュアルとか雰囲気とか、一つ一つの台詞はすげー良いんだけどなぁ。

「消えない魔法をかければ良い」とか好きですよ。

 

むしろ、これ観ると原田くんもショーやりたいのかなぁって思うよね。

ジュディの夢が叶ったって描写だと思うんだけど、主人公の視点からしたら、フォーリーズのショーの場面、あんなにしっかり描く必要無いと思うんですよ。

例えば正塚先生の(ごめんね! 贔屓だから贔屓するわ!!)『スターダム』みたいに、客席を舞台奥ということにして、出演者役の演者は後ろ向きでパフォーマンスをして、手前で舞台袖の光景が繰り広げられる、とかでも良かったんだと思うんですよね、この結末の場合。

初のショー、日本ものだけど頑張ってくださいね。

絶対きれいなものが観られると確信しています。