ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『FOREVER LOVE!!』

まさおちゃんへのLOVE!!に定評のある大介先生の、まさおちゃんへの愛と夢とあこがれが溢れかえったショーw

コンビ添い遂げ退団でなく、トップスター単独退団だとこうなるんですね……と思ったのですが、まゆたんの∞もかなめさんのフェニタカもこれほどではなかったぞ……?(⌒▽⌒)

 

余談ですが、観劇前に、大介先生が劇団に入っていくところを観ました。

観劇してるのかな。やっぱり全通するのかな……?

 

OPは愛を表すどピンクの洪水!

娘役の着るどピンク&ハート付きのお衣装に定評のある大介先生……。

エトタカ・コンタカに続き、再び名お衣装を生み出しましたね!

ちゃぴがセンターの高いところに上って、まるでちゃぴが幹事・主催の、まさおちゃんの送別会のよう。

主題歌は「ラブラブラブ! フォーエバーラーブ♡」しか歌ってなくて憶えやすい。

 

ワーッと組子たちがハケて、まさおちゃんが独り現れます。

主題歌に内容が無い代わりにw、まさおちゃんのソロ曲に「想い」が暑苦しく詰まっています。

まさおちゃんは進んで自らを語る人じゃないから、大介先生が書いた歌詞なんだなってのはわかってるんですが、あまりにもまさおちゃんを的確に表しているし、まさおちゃんもこの歌詞にOK出したってことは、本人の自己認識としてもあながちハズレじゃないんだろうなとw

「いろんな役が降りてきた」みたいな詞では、友人が唱えていた「まさおちゃんカタシロ説」とも重なって、おぉぉ~と思った。

 

しんみりさせた後に、奇抜な色遣いのチンピラっぽいスーツでEXILE歌って踊る場面は、まさおちゃんのケレン味本領発揮!!

なんだけど、ここのメンバー5人だけで、しかもとしゆりあーさありって、人選にも意味がありそげで、それぞれがまさおちゃんと重ねてきた時間のこととか考えると、グッと来る。

 

まさちゃぴが組む場面はほとんど無くて、そのことが

「ちゃぴはまさおがいなくても立って歩いていけるスターです!!」

ってのを表しているようだった。

フィナーレのデュエダンすら無くて、徹底してたな……。

アフリカのシーンは「また?w」と思わなくもなかったけど、やっぱりカッコいい……。

ちゃぴ様こそが次期トップスターのような扱いだったw

 

ちゃぴとのシーンはありませんが、女装したカチャみやコマとまさおちゃんが組むシーンはあります。

みんなきれいだけど、それぞれ個性があって面白い……面白いな……ww

しかし一番上級生なのに一番可愛くて生々しい女っぽさがあるコマちゃん、何なんですか!! 好きです!!!

 

サヨナラ作品ならではの餞別シーンは、白ターバンでの総踊り。

まさおちゃんの同期・87期生だけのシーンから始まります。泣くやんけ!!!

組子が総踊りする中、まさおちゃんだけ輪から抜けて、独り大階段上っていくの&フィナーレで黒燕尾着て降りてくるの泣いちゃう……。

やっぱり独りで去っていっちゃう人なんだね……。

NOBUNAGAでもそうだったけど、まさおちゃんは周りの人にたくさん愛されていて、たくさんの人に囲まれていて、だけど独りなんだよなぁ……。

 

けど、OPでは組子が全員で歌った主題歌を、フィナーレではまさおちゃんがソロで歌うのだ。

「いつの頃からか、まさおちゃんは皆に好かれることをやめて、自分を愛してくれる人たちだけ楽しませるようになった」

と言っている方がいて、それがすごく的を射ていると思うんだけど、それはつまり、まさおちゃんのファンへの愛であり、感謝なんだろうなぁ。

 

大階段に描かれたハートの真ん中に、大羽根に付いたハートで描かれたハートで囲まれたまさおちゃんが立って、ハートのシャンシャンを振るの、すっごいな~! と思う。

愛が詰め込まれまくってるし、可愛い。そうだよ、それが龍真咲なんだよ!

 

正直これも、ショーとしてのクオリティは高くないのかもしれない。

けど、トップスター・龍真咲を描いたショーとして、これ以上のものは無くて、なんかもう良し悪しの基準とかブチ抜いたところに存在している。とてもタカラヅカ的。

これも友人の言だけど、まさおちゃんは実にタカラヅカであり、彼女を描いたこのショーも、実にタカラヅカ、なのだ。

広告を非表示にする