読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『Romance de Paris』大劇場

かねてから観たいと思ってた、大劇場版のロマパリ!

中日版は毎年中日公演期間に再放送するけど、大劇場&東宝版はなかなかしないんだよォ~~~

 

えりたんのディディエ&演出を変えたというじゅりさんを観たかったのだ。

 

えりたんのディディエ、ケイさんと全然違う!

ケイさんはザ・悪役、腹黒い悪徳経営者で、最後救われちゃうことに違和感があるくらいだったんだけどw、えりたんは悪に手を染めてでも会社を守ろうとする、前向きで現実的(現実にいそうという意味でも)なザ・経営者だった。

確かにあれなら、最後人生をやりなおすのが似合う。

 

お芝居はいささかザツな感じというか、雪組になじみきってない感じがあったけどw、こういう時代を経てきて私たちの知ってる「壮一帆」は磨き上げれていったんだなぁ……という過程を見られた気持ちで嬉しい。

 

コムさんとの並び、似合いますね。

顔の形やパーツの配置が似ているからかしら。

義兄弟(コムさんの姉(となみ氏)の夫)なんだけど、あの2人なら実の兄弟という設定もアリだなーと思った。

物語上じゃなくてね、あくまで見た目の話ですよ。

 

じゅりさんのラシッドも、中日版はもっと悪度合高かったような……?

ケイさんの「黒さ」に合わせての演出だったのかしら。

大劇場版だと、オドオドしていて憎めない感じ。

同じ役、同じ台詞でも、演じ方でこんなに違うんですね。

ってか大劇場と東宝と中日で、演出を思いっきり変える決断をさせたじゅりさんがすげぇや。

東宝はどんなんだろ、気になる~~~放送お願いします~~~~

 

あと私意識してなかったんだけど、中日だとミズさんが演ってた役、元々かしげ氏の役だったんだね!!

なんか妙にミスマッチがすぎるというか、ミズさんに合ってなさすぎて違和感があったし、印象にも全然残ってたんだけど、かしげ氏に合わせて書かれた役だったからだったんだね……そりゃそーだ……。

ミズさん良いことばっか言いそうだもんねw

かしげムジャヒド、かわいかったです。振り回されっぱなしで。

 

まーーしかし何度観ても、前半の政争パートと後半のデートパートの糖分濃度差が激しすぎるwwww

政争パートで、一応惹かれはじめてはいるのわかるんだけどね。

ちょっと、あまりにも萌が過ぎやしませんか。

「踊りませんか」のおどけたイケボとか、脳震盪になるかと思ったわ!

 

そしてこれも女の子の方から直接的なスキンシップに踏み出す作品であった……。

「もっと早くこうすれば良かった……」

とか天才か!!!(乙女の満点回答的な意味で)

 

けど、特にラブなシーンのない『銀の狼』の方が萌えわずらいが激しかったんですよね。

萌えやすかったというか。

このロマパリは就任後2作目の大劇場作品、銀の狼は就任3年目?の作品。

その間に、どんどん「コンビ」になっていったんだろうなと思います。

トップコンビって、就任期間中、どんどんコンビになっていくものなんですね。

と思って、なんだかじんわり。

 

あと気づいた点としては、主人公が過去を振り返って語るという体裁の物語になっているから、しょっちゅうモノローグが入るんですよね。

正塚作品でもあんまり無い技法……? だと思うんだけど、ちょっとうるさく感じた。

あれ無くても話は成り立つと思うんだけど、「失恋に終わったけど前向きな生き方をくれた彼女」みたいな感じで、未来に向かって歩き出す主人公、という図柄が大事なので、やたら「これは過ぎた過去の話」というのを強調したのかなとも思う。

 

個人メモ、演出助手:大野先生