読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『凍てついた明日 ボニー&クライドとの邂逅』

オギー作品はフルコンプしたいと思っていて……。

これも良かったです、残酷で鋭利で精緻で、だけどその末に残って立ち現れるものは澄んでいて美しい。

 

ターグン主演ってくらいしか事前情報入れてなかったんですが、OPの歌がとうこさんで感動しました。

雪組時代のバウで男1&男2だったターとうが、星組でも一緒だったのなかなか良い話なのでは。

 

OPでは、周囲からのボニー、クライドの印象が語られます。

「周りからはこう見えていた

(けど実際はどうだったのかを、これからこの物語で追っていくよ)」

っていうテーマ付けがはっきりわかって、やっぱり上手いなと唸らされます。

 

タータンのお姉さんが五峰姐さんなんですが、すごくDNAのつながり感じて良い配役ですね。

後でお兄さんの奥さん役で美穂姐さんも出てきて、粒ぞろい時代の雪組だーッ! って震えます。

 

短絡的で火花のようなとうこさんジェレミーと、常に穏やかに微笑んでるけど、内面で静かに鬱屈している分タチの悪いクライドがいい対比。

けど、ジェレミーをかばって捕まってたりして、情には篤いんだな……って、一筋縄ではいかないクライドの内面がほどかれていく過程、ゾクゾクする。

 

幼なじみの保安官助手・テッドとも、嫌味混じりながら和やかな会話をするけれど、別れた後で、テッドは嘆息して

「きっと彼は僕らのもとに戻ってこない」

って言っちゃうくらいわかりやすく漂う、クライドの厭世感。

(知らなかったんですが、これ、かなめさんクライド、キタさんテッドで再演してるんですね……。当て書き感半端ない再演キャストだな……。)

 

グン様お芝居めっちゃ上手いですね!

小公演でヒロインやるグン様観るの初めてなんです。

自然かつ、繊細な「行間」のあるお芝居がすごく上手い。

元旦那のロイが捕まった話するところや、タバコの火断るところのナチュラルさ、世をスネてる感じがすごく迫真。

 

クライドの心にしょっちゅう蘇るのは、結ばれなかった昔の恋人・アニスとのやりとり。

農園の娘で、「お堅い」家の子だったんでしょうね。

「俺は君にふさわしくなかった」

「どうしてふさわしいように変わってくれなかったの!?」

と、台詞で畳み掛けて作品の流れを決定的にしていくオギー脚本……心に来る……。

 

「救いは要らない。欲しいのは真実だ!」

が、この作品の描くクライドの命題なのかな。

救いはないけど、真実を求める旅が始まります。

(後半で出てくる美穂姐さんは敬虔なクリスチャンで、やたら「救い」を強調するという役で、クライドのイズムを強調するいい対比になっています)

 

ボニーを慰めるキャンディ2つを手に入れるために、「強盗の真似」をするクライド。

元旦那が金庫破りだったと知り離婚したばかりで、自尊心が底をついていたボニーは、クライドの過激だけどおどけた優しさに癒され、かつ、クライドの柔らかいところを見て、包み込んでしまうんですね。

 

拘留されたクライドの脱獄を、「キャンディのお礼しようと思って」手伝う決意をするボニー。

2人と仲間たちの逃避行が始まります。

 

ギャング生活の楽しげな演出がかえって胸を締め付けます。

女性キャラクターの衣装は赤~ピンク系で統一されていて、これは蓮っ葉ぽさと血の気の多さの演出なのかなと思った。

 

ですが楽しい時間は長くは続きません。

世間と仲間内に不穏な空気が拡がりはじめます。

 

それを象徴するのがシビさんの歌&台詞。

シビさんは世界観を創りますよね……。

シンガー枠だけど、素晴らしい女優だなぁとも思います。

 

元カノのアニスと同じくらい、クライドの精神世界にしょっちゅう立ち現れるのは、クライドが内面化した「兄さん」。

心の中の「兄さん」と会話するクライドの、心細そうな感じといったら!

このときだけ少年の声に戻るんですよね……。

 

終盤に差し掛かって、逃避行の旅が詰みだすと、クライド自ら「兄さん」に

「そこにいないのは知ってるんだ」

って言っちゃうのが切ない。

世間にも追われ、仲間も散りだし、内面に築き上げていた依存先も、自分の手で消してしまう。

クライドは、どんどんボニーと「二人きり」になっていく。

 

互いを愛したい気持ちを伝える

「誰でも良かった。喩えあなたじゃなくても」

「誰でも良かった。でも君だった」

って会話、宝塚史に残る名ロマンス台詞なのでは……?

 

ジェレミーは帰る場所を見出し、その場所である恋人を守るため、結果としてボニー&クライドを裏切ります。

これにより、二人は完全に二人きりになる。

 

響く銃弾の雨音。

遺された者たちは、口々に二人について語ります。

傍目には救われなかった二人。

けど、二人にとっての「真実」、お互いの虚ろで柔らかい部分を埋める「愛」を手に入れたことが、ラストの「愛してる……」の歌で示されます。

二人とも全身白のお衣装なのは、婚礼衣装と死に装束を兼ねてるのかな……。

 

すごく頭と心使って、見応えのある本編に加えて、フィナーレも良い。

真紅タコ足ダルマの娘役勢最高か……。

着崩したスーツでドヤるとうこさんもたまらんし、タータンの大人の男の魅力も堪能できるし、やはりオギー作品は良いな……抜かり無いな……。