ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

月組『MAHOROBA』

神話の訳わかんなさ、人智を超えちゃってる感じは、ショーにこそ合うのかもしれないなー。

 

そして女性演出家によるものだからか、とにかくとにかく美しい!!

オープニングの、娘役だけでヒラヒラするところとか

「ここが高天原だったかーーーー!!!!」

って感じだし、振ると水色のヒラヒラがキラキラする剣も素晴らしい。

 

国生みのパート、島の名前延々歌ってるだけなのに、神々しすぎて思わず泣いたらからね……。

しかしこれもキャスティングが絶妙すぎる。

嘉月絵理さんの顔面のインパクトでオオワダツミはずるすぎるwwwww

出雲綾さんのアマテラスとか、最強すぎるでしょうwwwww

 

OPでイザナギだったあさこさんは、本編からはヤマトタケルへ。

こういう配役替えがスッと受け入れやすいのもショーならではなんだよなぁ。

ゆひきりがお付きになって、3人一緒に女装して(ここのインパクトすごい)、あひさん&そのかさんのクマソタケルを討伐する。

そのかさん、ここ以外に何役も演っていてすごい。

あとこのときのバイトリーダーがマギーさんで、いろんなシーンに出てくるので、嬉しいけど大変そう……。

 

日本のいろいろな地域の伝統的なメロディ、踊りが出てくるのが面白い。

振付もされる謝先生の作品だけあって、特にダンスは徹底的に研究されているなぁと思う。

そして都度、それをキビキビ大勢口で踊る月組子たちな……。

めっちゃハードだったろうなこの公演……。

 

フィナーレはめでたく再生の舞でおしまい。

ひたすら美しく、優雅でめでたく、生命力に溢れ、これすごいショーですね……!

日本もの、神話ものでこんなのもできるのだなー。

勉強になるわ……。

広告を非表示にする