ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『黒蜥蜴』

江戸川乱歩三島由紀夫美輪明宏に宝塚、しかもオサさん、と並べるとすごくしっくり来るのに、実際の作品はなんか面白い感じに仕上がっちゃってるのは、やはりキムシン演出だからなのだろうか……。

なんだかお芝居のテンポとか間が悪くて、美の世界に耽溺できない印象が個人的にはあるんだが、どうなのだろう。

作品が要求する形式に、キムシンの演出が合っていないのかなぁ。
世界観が出来上がりすぎている作品であるがために、いつもは個性として捉えられる演者ひとりひとりの演技様式の違いが、すごく気になる違和感として目についてしまう感じ。

まさかとは思いますけど、ひょっとしてこれ、植爺の演出の方がしっくり来たんじゃないですかね……。
美輪明宏さん版を観たことがあるけれど、かなり厳格に、様式的な演技の指導をしていた。

しかしすみ花氏はすごいですね……。
(私の考える、だけど)作品の求める様式にカチッとハマっていて、なおかつその型の中で人格として生きている。
本当の天才なのだなぁ。
また生の舞台で拝見したい……。

それにしても記事の花組率が高いなー!

広告を非表示にする