読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『CONGRATULATIONS宝塚!!』

花組初日おめでとうございますからのKAZUMI-BOY先生ブログ見たら平澤先生とのお写真が載っていて、マイドリからのえりあゆからのコンタカ思い出し。

ショーとしての完成度とか構成とか大介先生の自己模倣とか、いろいろな点で名作ショーだとは言いがたいけれど、でも大好きなんですこのショー。
ムラの贔屓休演バージョンはつらかったけれど……(一生言い続けますよ)、好きなシーンがやたらと多い。

まずはもちろんテキーラ
雪男怖ぇ!!! ってなった。
えりたんのドSと花男エッセンスが見事に組子に伝播した成果だったのでは。
このときの土台が、今やってるラ・エスメラルダのスペイン語カウントアップ白燕尾の怖ろしさにつながっている気もする。

ともみんのカンカン。
贔屓いない淋しさがあれで埋まったなー。
ともみんのなっがいなっがい脚が、天まで届く勢いで上がって、足の裏が天井と平行になるのを見るの、感動的だった。

ちぎあゆシュヴァルツ。
金爆はもともと好きで、大介先生曲使ってくれてありがとう!!! という気持ち。
歌うのがタカラジェンヌの中でも金爆との親和性がかなり高い方と思われるちぎちゃんってのがまたベストセレクト。
あゆっちもむちむちぷりぷりでめっかわでした。
そういえばSS席で観たとき、おぱんつ見えたんだったな……///

えりあゆ肉食デュエダン。
一番好きなえりあゆかもしれない。
匂い立つような色気をまいて脇の下見せるあゆっちと、ニヤリとしながら駆け引きを楽しむえりたん。
銀橋の真ん中で相手役の胸を鷲掴みにするトップスターとか、次に見られるのは何年先か……。
最後のキメポーズも良かったなー、あゆっちが従順なポメみたいになって、えりたんがドヤってるの。

えりあゆオーハッピーデーデュエダン。
そう、このショーだけで大好きなデュエダンが2つもあるのだ! 贅沢!
あゆっちが幸せそーーーで幸せそーーーで、えりたんもめっちゃ優しい笑顔&雰囲気で、素の2人、心の底でつながりあっているえりあゆはこんな感じなんだろうなぁ、と勝手に泣いてた。
夢華氏のカゲソロがまた見事なのだ。
夢華氏はプレお披露目の忘れじから、随分とえりあゆを彩ってくれたボーカリストだった。

そしてそして、男役燕尾!
大好きなベートーヴェンの第九で、大空に明るく羽ばたくような雪男たち!
えりたんが率いる明るくのびのびした雪組、って感じがして本当〜〜〜〜〜〜に好きだった……。
好きな男役燕尾たくさんあるけど、その中でもこれは格別。
あとこれ、ムラ版だとともみんが男3ポジションなんだけど、熱い振付がめっちゃ似合ってて、燕尾から熱風吹き出してるみたいだった。
贔屓休演はマジで身を切られるほど辛かったけど、ともみん男3ポジションのこの燕尾が生で観られたのは、宝物だと思ってる。

あゆっちのエトワールも、東宝だとブルースっぽい歌い方になってて格好良かったー。
どピンクにハート付いたお衣装着た雪娘ズも可愛いの雪崩だったナー……。

こうやって並べてみるとアレなんだな、ショー全体のテーマ性、統一感はさておき、好きなものを載せまくった欲張り弁当みたいなショーだったんだな!