読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『ル・ポァゾンII』

すごい、月組の初演と全然違うwwww
真ん中がらんらんみつるだから、ものすごく生命力に溢れて力強いショーになってるwwwww
初演の気だるさと耽美性どこ行ったwwww

「ル・パァゾン! ル・パァゾン! ル・パァゾ〜ン」
ってらんじゅさんの破裂音が堪能できるの楽しすぎる。
しかし、CM等で繰り返し聞いてるということを抜きにしても憶えやすいテーマ曲ですよね。
ショーのテーマ曲は帰り道に口ずさめることが大事と言っていた方がおられたけど、全くその通りだと思う。

昔のショーらしくまったりテンポなので、らんらんがそれぞれセンターで踊る場面は、2人の体幹のブレなさがはっきりわかる。
花組みんなダンス上手いけど、真ん中のらんらんが一番上手いのだよな。

ハッチさんが真顔で「愛の誘惑」って場のタイトル巻物で掲げたのは面白すぎて笑っちゃったけど、出てきたスーツのらんじゅさんたちがカッコよすぎてすぐ真顔になりました。
横のだいもんもメラメラギラギラしてて、花男堪能してて良いですね。

みつる筆頭に男役5人と女装男役5人が絡む場面はド迫力だったな……。
るなぁの女装させられ率異常なのでは。
演出家が女装させたくなる何かがあるのかな……。

「光と影」はこの公演にも入ってたのか……。
本当にお好きだな……。
確かに見応えのあるシーンではあるけれど、そこまで需要があるのだろうか……?

けどこのまゆみつるバージョンは「光」であるらんじゅさんに栄光への不安という影が、「影」であるみつるに解放された自由という「光」が見えて、かなり好きな組み合わせ。
何たって2人とも「踊れる」光と影だしな。
まゆえりで「光と影」も観てみたかったな、と思ってしまったが、あまりにも波紋を呼びかねないから、私の願望だけで済んで良かったということにしよう。

あとまゆみつるの「光と影」はなんか最後2人で手を取り合うところがホモォ┌(┌^o^)┐っぽかった。
なぜみつるが他の男役と絡むと総じてそれっぽく見えるんだ。
受だからか。受だからなのか。

ナルシス・ノアールの喪服娘1らんちゃんが出てきたのにはびっくりした。
どんだけ自作混ぜるんですか岡田先生!
確かに場のクーリング・ダウンには良いシーンかもしれないけど……。

まよちゃんたち男役3人とじゅりあ様たち女役3人が組むシーンは、宝塚らしい甘さ・麗しさに満ちていて、素敵だったなぁ。
やはり岡田先生の作品って、宝塚の真髄である麗しさ・ロマンスがぎっしり詰まっているのだよなぁ。