読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『エリザベート』みりらん

うーん、あんまり良いこと書けないけど許してね。

 

新演出、なのかな。

歌であるより「会話」であることを意識してる歌い方、台詞の言い方だと感じた。

特にフランツさんとルキさん。

ただ、演者の技量によっては(フランツさんとルキさんは見事でしたので該当しないです)、その演出によって耳が憶えている「エリザの流れ」がいちいち寸断されてしまい、作品自体に集中できない。

コーラスもこんなにダイナミックさが欠けたものなの……? 録画だからか……?

演奏も少し音痴……? 録画だから聞こえ方が違うだけ?(※東宝千秋楽映像を観ました)

 

みりたんトート。

発表されたときに、ビジュアル史上最強だろうなって思ったし、実際史上最強ビジュアルだったけど、

「みりたんがトート演るならこんな感じだろうな」

って想像を1mmも違えず、下回ってもないけど上回ることも意外性も無く、うーん、既定路線で終わったんだなーと。

 

繰り返しますけどビジュアルは史上最強でした。

あの、あまり知られてないと思いますけど、私も明日海りおさんのお顔大好きなんですよ。

アルジェの男観て一番注目したのみりたんだったし、初めて買ったポスカもみりたんだったんですよ。

 

光って見えた&本人も楽しそうに見えたのは、ウィーンのカフェだとか、シシィに対する微細な表情の動きで、やっぱりこの方お芝居が好きなんだなぁと思った。

だからこそ、周りも本人も大道具みたいにならなきゃいけない一本もの大作より、新作のオリジナルお芝居を当ててあげてほしいんだけどなー。

そうじゃなくても、おなじみの名作の再演や、みりたんが新公主演経験してる作品ばっか続いてるこの状況は何なのか。

どうせ再演するなら『銀の狼』演りましょうよー、みりかの似合うと思いますよ銀の狼。

話逸れた。

 

蘭ちゃんのシシィは、言い方が失礼かもだけど、予想を遥かに上回っていて……強くて、自由に対して貪欲なシシィだった。

お歌も本当にお上手になって。

 

蘭ちゃんは本当に宝塚が好きで、娘役が好きで、娘役に対して人一倍こだわりがあったってのは知ってるんだけど、一方で、タカラジェンヌ・娘役・花組トップ娘役であることにより晒されてきたストレス、溜まってた鬱憤も人一倍だったと思うのですよね。

そういうもの全て、この作品のこの役で振り切ってる感じが「自由になるのよ」って言葉に真実味・深み厚みを加えていて、蘭ちゃんがこの役で宝塚を巣立っていったこと、良かったなぁと心から思えた。

中の人と役を重ねるのは、一般的には良くない見方なのかもしれないけれど、宝塚の見方としてはアリだと思ってる、ので、許してください。

 

みっ様フランツは見事! もう、見事としか言いようがない!

新演出に一番的確に対応できてたのはみっ様だったし、かつ、作品の「流れ」も切ることなく、むしろみっ様フランツが上手く流れを作って、観客をエリザの音楽の奔流に載せていたように思う。

過去の上演全部観た訳じゃないけど、今まで見たフランツの中で一番好きです。

感情表現が豊かで、困り眉の場面が多くて、母親に服従せざるをえない自分への不甲斐なさも、シシィへの恋のときめきも、トートとの最終答弁での激昂っぷりも、全部詳らかに伝わるし、それによって観てる側の作品への理解、登場人物たちへの理解が深まる感じ。

 

ベネディクトさんからこっち、やれイタリア人だフランス人だスペイン人だ、ラテン男付いてるだいもんさんですがw

閣下を見る目がファンの目で、ちょっと人が好くて、荷物もちゃんと運んであげるしミルクが切れてるのを伝えるのも少し申し訳なさそうな、可愛いルキさんでした。

友人が解釈というか仮説の一つとして、シシィがトートを愛したのはルキさんの妄想だったのでは? 裁判での供述のどこかからが、大好きな閣下に幸せになってほしいという願いが生み出した空想だったのでは? というのを考えていて、そういう考えが浮かぶのもなるほどとなるルキさんだったし、確かにあのトート&ルキーニの組み合わせだとその解釈もしっくり来るなと思った。

ナルシスト寄りで熱い恋情みたいなものがそんなに強くない、空想の産物のようなトートと、人情味に溢れたルキーニ。

 

一花ゾフィーは、みっ様フランツと並んで、この作品の「流れ」を生み出してた。

新解釈の方ではなく、宝塚ファンの頭の中、耳の中にある「理想の」エリザを演ってくださっていたのが一花様だった。

10年程前に新人公演で同じ役を演っているのもあるのかな……。

贔屓目もあるかもしれないけど、一花様が作る大きな流れが支えとなって、その上で皆がエリザの世界に立っているような印象を受けた。

うぅ、劇団一ちっちゃい体でも、本当に大きな、大きな娘役さんであらせられた……。

 

フィナーレがダサいのがもったいない……。

変なくすんだ青でみりたんが花娘に囲まれるのは、まぁまだ良い。

蘭ちゃんの最後のデュエダンなのに、ドレスがひどい。

なんだよ片脚スリットって……しかも蘭ちゃんの美脚が全然きれいに見えない形だし……。

イケコの脚フェチ本当何とかしてくれ。

男役群舞も変なマットな金で……って変なってまた言っちゃった……。

みりたんの手の動きとターンが後ろのみっ様に比べて明らかに遅れてるのを見たときはあっ(⌒▽⌒)ってなりました

 

シュヴァルツェンベルク公爵は好みの生徒さんが当てられがちなので今回も注目してましたが、びっくだったのでガッツポーズしました。

あと綺城ひか理さん!

すみません今までお名前しか存じあげてなかったんですが、下級生ながら群衆の歌い出しみたいな大役何回も果たされててすごいですね!

耳と鼻が大きくて私が好きになる男役さんの顔の系譜だ……。

スタイルも好くておっちょんを彷彿とさせる……。

また気になる生徒さんが増えてしまった。