読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

花組『ファントム』蘭蘭

蘭とむのファントム、って一瞬「出オチ!?」ってなるよね。

花P美味しすぎる。

いや、きちんと内実伴ってるんだけどね!

 

まゆたんって基本的には熱くてクサいタイプの男役だと思うんだけど、純粋でナイーブなお役もハマるのよな。

たぶん天性の純真さが上手くハマるんだと思うのだけど。

中でも、ピュア&ナイーブまゆたんを堪能するならこの作品、って思う。

 

恋にひたむきで、だけど敵意を向けた人間には容赦ない。

『PUCK』のパックと傾向が近いんだよな。

人間というより妖精の類、人間の価値観が当てはまらない存在に近いんだと、最近人外モノの漫画を読むようになって思った。

まぁ元が「怪人」だからね……w

 

そしてこの作品は、えりたんキャリエールが素晴らしいのだ……。

同期で親子を演じるっていうのも面白いというか奇縁というか。

キャリエールって割と「女の敵」というか、女の立場からすると行動を理解しがたかったり許しがたかったりするキャラクターだと思うんですけど、えりたんの湛える翳・悲哀で「仕方無さ」が腑に落ちてしまうのだよなーー。

銀橋での父子のシーンは本当に泣いた。

生でも映像でも、宝塚であれだけ泣いたの、あのシーンと月ロミジュリの乳母の歌くらいじゃないかなー。

 

怖いけどちっちゃくて可愛い一花ルロッタもだいすきです。

本当に一花さまは見事だよなー……。

この技術、この技巧、この魂の込め方、まさに「芸」だと思う……。

 

みりおんによる少年エリックの名演も見応えがあるのだ。

花組時代の推されまくってるみりおん見ると、宙Pはまじもったいない使い方してる(してた)よなー、と思う……。

 

しかしなぜ蘭ちゃんはやたら「歌姫」役を当てられていたのか……。

いや、可憐で可愛かったけどね!?

宝塚ってどうしても主演男役さんのために演目が選ばれるから、娘1にとってしっくり来ない役が来るのも仕方ないかもしれないけれど、けどやっぱりハードモード続きすぎだったんじゃね!??

蘭ちゃん根性あるから耐えぬいたけどね??!