読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『パッサージュ -硝子の空の記憶-』

オギーも普通(※当人比)のパリレビュー作ってたんだ……。
と思ったら、大劇場デビュー作だったんですね。
『ソロモンの指輪』と立て続けに観たから、奇しくもサヨナラ公演と初舞台を続けて観たのだな……。

とりあえず路線スターが溢れかえっててすごい。
イシぶんわたるコムかしげおっちょんって……。
そして誰一人ワリを食うこと無く、まんべんなく出番・見せ場が与えられているバランスの見事さ。
これ大劇場デビュー作とかウソだろ! オギーってすごいな!!
イレギュラーな契約でも良いからまた宝塚の仕事して(´;ω;`)

デビュー作と言われれば確かに構成が普通のショーのフォーマットだし、娘役さんのお衣装は特にきらきらフワフワした、いわゆる「宝塚らしい」お衣装で、あのオギーにもこんな時代があったのだな、という気持ち。
だけど、オープニングがイシコムの3DCG耽美コンビだったり、途中からマイナーコードのダークファンタジーなシーンが出てきたりして、やはりデビュー作にはその作家の全てが詰まっている……と噛み締めた。

余談の私事なんだけど、私はもともと斉藤恒芳氏が好きで、彼の楽曲をたくさん聴けるのでオギーショーが好き、というのもある。
宝塚を好きになった頃、斉藤恒芳氏が宝塚の仕事もやっていると知って驚いた。
(作風を考えてみればむべなるかななんですけどネ)
(美しくてものものしいからすぐ氏の曲だってわかるよね、個性が強いって素晴らしい)
実を言うと、このショーを(部分的にだけど)初めて観たのも、某笑ってる動画の斉藤恒芳タグからだったのだ。

DVD&スカステだと、一番ザ・オギーショー! って感じの「地獄の王」の場面が割愛なのが残念ですね。
なぜか私観た記憶あるけど……たぶん上述の動画サイト……。