読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ファンシー・ガイ!』

三木先生ショーって基本的に「訳わかんないけどカッコいい」で、それに「オシャレ!」が加わったり「やべぇまじ訳わかんねぇ!!」が加わったりするんだけど、これは後者+「ノりにくい!」だにゃー……。

なんだろう、全編ノリが良いんだけど、どの場面もテンポが同じでメリハリが無いから、結果的に全体が平坦になっちゃって印象に残りにくいみたいな……?

 

上演当時、友人たちがやれみゆに見せ場が少ない(少なく見える)やら、みゆの持ち味をことごとく殺しているやら散々言っていたのだが、どれも全部「た・し・か・に!!」だった。

みゆはもっと上品なお衣装と雰囲気が似合うんだよォ~。

ちぎちゃんの雰囲気に合わせようとした結果なのかな?

確かに宝塚の公演はトップ男役を引き立てるためのものかもしれないが、その魅力にはトップ娘役も含まれるじゃないですかぁ~……。

 

ヤンミキみはるの『ファンシー・タッチ』に出てきた場面が、しかも2つ再録されてたのにはびっくりしたわ。

ファンシー・スパゲティのCM撮影とオペラ座(?)。

ファンシー・スパゲティは『~タッチ』の時ほど謎さ加減少なかったし、雪組が誇る男役シンメ、れーこひとこ・彩彩・大きんぐを一度に堪能できたので『~タッチ』のより好きですw

れーこ、プレスリーみたいな髪型やけに似合うな。エキサイターのバカ息子えりたんみたいな髪型……。

オペラ座のシーンは今回も良かった……けど、お披露目ショーなのに、物語仕立ての場面でちぎみゆがハッピーになるものが無いってどうなのよ!!

 

だいもんがふわふわのファー巻いてウリ専ボーイみたいな雰囲気でピンクライト浴びて出てきたのにはびっくりした。

しかも行った先、あれは……ゲイバー……?

いや、チャイナ着た娘役もいたけど、真ん中でちぎちゃんが悩ましげに椅子にもたれてて、その周りでともみんが狂おしそうにしてるって状況が……。

「あぁ、ここにいる男は全員ゲイなんだな」

って直感的に思ったし、この娘役たちも全員ニューハーフって設定なのでは、って思ったところで、いやまぁそもそも宝塚は全員女のホモソーシャルだけど! って落ち着きを取り戻した。

 

ゲイバー(仮)のシーンで最後踊りまくるところ、ちぎちゃんもともみんも熱血ダンサーのはずなんだけど、一番楽しそうに暑苦しく踊ってたのはだいもんでしたネ。

あのだいもん観られたのは眼福だった。あそこのだいもんだけでも生で観たかった。

 

あとだいもんとともみんが天使と悪魔みたいな感じで、悩めるちぎちゃんの葛藤を表現するみたいなシーン、ともみんの黒レザーパンツ? 姿がすごかったな……。

どこまでも脚だったな……。

 

しかしやはり印象的なシーンはちぎだいともみんのシーンなのだよな……。

ちぎだいともみん、全員「ファンシーなガイ」だった。

真ん中3人が揃って「ファンシー!」という印象を与える組み合わせの演目って、そうそう無いと思う。

このタイトル、ちぎちゃんだけのことではなくて、このトリオのことだったのだなぁとじんわり思ったし、これもどなたかも仰っていたことだけど、この組み合わせでの公演をもう何作品か観たかった。

 

そして、あの雪組カラーお衣装で目隠しからスタートするデュエダンを見せられちゃったら、何も言えん。

あれ最高のやつだった。ありがとうございます三木先生。(結局)