読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅカ式宝塚鑑賞日記

小並感千本ノック

雪組『ZORRO 仮面のメサイア』

どの場面を観ても「圧縮可能なバッファ」という表現が思い浮かんでしまうな……。

これ、1本物である必然性あったのでしょうか……?

これだけ単純明快な勧善懲悪モノなら、1幕にギュッと抑えてショーと併演すべきだったのでは……?

 

ラブシーンと人が死ぬシーン(←)以外は冗長で、うーん、やはり谷先生も植爺チルドレンなんだな……と悲しみを覚えた……。

演出が自然な植爺という感じ。

やかましい女使用人コンビも出てくるし。

 

話自体は明るく爽快でとても良かったです。

ライトなエンターテイメントで、気楽に楽しめた。

(なので余計に1幕モノとして抑えてほしかった……。)

 

ミズさんのエネルギッシュな男らしさと「コメディをやらせると面白い」ところが活きていて。

全身甘いピンクのレ・ロマネスクみたいな格好で出てくる舞踏会のシーンとかも良かった。

ギャグのセンスとしては植爺並にイケてないんだけど、ミズさんの笑いのセンスで救われてた。

 

となみが可愛い!!!

少女らしい自由奔放な快活さのあるお嬢様。

乙嫁語り』のアミル並に「盛り過ぎ」wのキャラクターを、全身でめいっぱい表現してた。

ゾロにキスされて舞い上がるシーンは漫画のようだった。

 

主演2人がハマってたのはもちろんだけど、この作品を成功させているキーパーソンはゆみこさんだと思う。

知性と翳を感じさせるお芝居で、全体的にテンションが高くて軽薄になりかねない作品全体の雰囲気を、重石みたいにグッと押さえてた。

ゆみこさんのお芝居、好きなんだなー、私。

もしトップスターになってたら……って妄想が一番捗るスターさんだな……。ウッ……。

 

ケイさんが声を出せない/出さない役とか、美声殺し半端ねーな!!?? と思っていたが、パレードでエトワールやってたので「あ、やっぱり観客がフラストレーション感じるのはわかってたんだ」って思った。

過去に闇を抱える美青年、良いですね! こういうのがケイさんは一番しっくり来るな……。

 

ミズゆみケイって華やかな並びの中でも、かなめさんのルックスの麗しさは輝くな~。

「美しい悪役」ってのもあって、なんだかこのかなめさんすごく好きですぞ。

トップスターとして、もっとブレイクできる要素のあった方だったと思うのだけど……作品がなーーー!!!! まぁ今更何を言っても、ですわね……。

 

舞踏会のシーンで、メキシコ帽かぶってマラカス持って踊ってるマヤさんがすごく良かったので、見落とさなくて良かったと思いました。

 

作品が少し時間短くて、フィナーレが少し長いよね、これ?

それなら圧縮可能なバッファを(ry

しかしその分フィナーレがショーのように充実しているので、まぁ良いか……と。

 

ケイみなこが水色のインディアン風衣装で踊る2人のシーン、幻想的ですごく素敵です。

ってかトップコンビじゃない2人が大劇場で2人きりで踊るってすっごいね!?

将来を約束された2人だったってのもあるだろうけど、でもやっぱすっごいわ。

 

ミズさんが羽根を背負わずに最後降りてくるのも英断だったと思う。

ゾロをイメージさせる全身黒のスーツだけど、金のデコレーションでトップスターの威光も失わないw